國學院大學 大学案内2017
117/142

case-4神職を目指す本学の卒業・修了時に神社本庁から階位を授与されるためには、卒業・修了に要する単位と神職資格に関わる課程の単位を修得し(無試験検定合格)、かつ本学所定の神社実習を修了しなければなりません。基礎実習(大学・2日間以上)指定実習Ⅲ(大学および大学が承認した神社・3年次終了までに12日間以上)学部 正階授与(明階検定合格)※専攻科 正階授与(明階検定合格)別科(神道専修Ⅱ類) 正階授与(正階検定合格)別科(神道専修Ⅰ類) 権正階授与(権正階検定合格)神社実習指定実習Ⅰ(大学および明治神宮・8日間以上〈内明治神宮3泊4日〉)指定実習Ⅲ神社実習指定実習Ⅱ(大学および大学が指定した神社〈全国30社〉・10日間以上〈内神社実習6泊7日〉)指定実習Ⅲ神社実習奉職説明会(11~12月頃)個人面談及び奉職希望調査票提出          (2~3月)奉職関係(明階総合課程)神宮実習(伊勢神宮・6泊7日) 中央実習(神社本庁・2泊3日)神社実習求人票閲覧開始奉職相談面接(随時)/奉職希望者模擬面接推薦書類提出→選考→採用決定奉職関係■神社関係の奉職(就職)について■主な奉職先■神職課程■神社実習履修モデル/奉職関係の仕事 毎年、資格を取得した学生の約7割が神職の道(神社界)に進んでいます。 日本には8万社を超す神社があります。毎年北海道から沖縄に至るまで、およそ150社以上の全国著名神社から求人申し込みがあり、特に本学出身の方が奉仕している神社からは、ぜひ後輩を受け入れたいとの強い要望が寄せられています。■神道研修事務課 神社実習・神職資格の申請・神社関係の奉職(就職)、助勤(アルバイト)に関する業務を担当しています。神社本庁所属神社の神職になるには定められた「階位(神職資格)」を有することが必要です。本課程は神社界で大いに活躍できる人材を養成することを目的として設置されています。また、階位(神職資格)には、上位から浄階・明階・正階・権正階・直階の5階位があります。■神職資格※ただし「明階総合課程」修了者は卒業と同時に「明階」が授与されます。(渋谷キャンパス 若木タワー3階)1年次2年次3年次4年次神宮司廳、北海道神宮、竹駒神社、太平山三吉神社、笠間稲荷神社、大洗磯前神社、日光二荒山神社、三峯神社、大國魂神社、神田神社、日枝神社、明治神宮、靖國神社、寒川神社、鶴岡八幡宮、鎌倉宮、高瀬神社、南宮大社、靜岡縣護國神社、三嶋大社、焼津神社、賀茂別雷神社、賀茂御祖神社、石清水八幡宮、貴船神社、伏見稲荷大社、平安神宮、大阪天満宮、石上神宮、吉備津神社、出雲大社、太宰府天満宮、宇佐神宮、鵜戸神宮指定実習Ⅰ 26,000円指定実習Ⅱ 26,000円神宮実習 26,000円中央実習 15,000円装束に係る費用身嗜みに係る費用神社実習に係る往復交通費明階検定料 20,000円明階授与料 130,000円正階授与料 100,000円証明書代 1,200円*明階総合課程修了者**明階総合課程修了者は2,000円***神社実習費階位申請費用その他項目内訳■概算費用公務員/神職を目指す場合のサポート115キャリアデザイン&サポート

元のページ 

page 117

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です