國學院大學 大学案内2017
108/142

毎年多数の教職員・学生が世界へ旅立ち、また世界から留学生や研究者を受け入れています。国際交流[学内外での国際交流][國學院から世界へ] 2年次にセメスター留学に参加し、帰国後には英字新聞社でのインターンシップなどを経験し、さらに世界各国の人々と交流したいと考え、現在は国際性豊かなカナダに留学中です。現地では、担当する先生によって話すアクセントやスピードが異なり、授業時間内で理解できない箇所が発生するなど苦労もありますが、先生や友人に直接尋ねることで不明点を解消し、毎日を有意義に過ごしています。また、海外から見て独特な日本文化について多くの人が興味を持ち、私に質問を投げかけてくるのですが、そのたびに私は、自国の文化を理解し、自分自身の意見を持つことの大切さを痛感しています。カナダでの生活で、日本という国を客観的に見る目を養いたい、と考えています。語学学修や文化交流に励むとともに日本を客観視する姿勢を学びたい。岸 雅人法学部法律学科4年(取材時)群馬県立高崎高等学校卒業 大学入学前は海外留学には興味がなかったのですが、中国語の授業で先生から聞いた短期留学の話に興味を持ち、1年次の夏に1カ月間、台湾に留学しました。現地の大学で学ぶ中国語や文化の授業はもちろん、街へ出て実際に語学を使う経験や、肌で感じる台湾の空気など、すべてが新鮮でした。チューターとしてサポートしてくれた現地の学生やホストファミリーともとても仲良くなり、充実した時間を過ごすことができました。 海外に出ることで、日本や日本文化について改めて考えるきっかけにもなりました。今は、より深く日本について知りたい、学びたいと感じています。中国語の能力も磨き、卒業までにもう一度、台湾を訪れたいと思います。語学を学び、人とふれあい、改めて日本を振り返る充実の時間。入間田 陸文学部日本文学科1年(取材時)千葉県立佐倉高等学校卒業 私は将来、海外とつながれるような活動や海外での活動をしたいと考えており、学生時代での留学を入学前から決めていました。その点、ミズーリ大学の留学カリキュラムには職業体験が組み込まれていたため、海外で働く様子や実態を知る絶好の機会となりました。学修面では、アメリカの歴史や文化、政治的問題、ビジネスの仕組み、リーダーシップ論、インタビュープロジェクトやディスカッションといったコミュニケーション方法などを学び、未来の自分に役立つだろうと確信しています。また、グループワークの授業や寮生活ではチームワークや異文化交流力が養われたと感じています。新しい未知の環境を経験してみたい人に、ミズーリ大学への留学をぜひおすすめしたいと思います。国際的な活動という夢に向かって留学期間を有意義に活用する。矢野 瑠璃子文学部外国語文化学科2年(取材時)茨城県立竜ケ崎第一高等学校卒業本場のハロウィンパーティーに参加。フットボールの試合観戦。大雨でも楽しかった!卒業式ではメンバー全員が英語でスピーチ。短期留学で、台湾・南台科技大学へ留学生活終盤に故宮博物館を見学元旦にNBAの試合を観戦しました!セメスター留学で、米国・ミズーリ大学へ協定留学で、カナダ、マニトバ大学へスケジュール:私の120日間+α2月:セメスター留学の報告会に参加3月:TOEIC 受験、留学申し込み6月:オンライン英会話スクールなどで語学力向上をはかる7月:語学研修で、発音、プレゼンの仕方、ディベートなど集中的に取り組む8月:ビザ取得、出国9月:授業開始/フィールドトリップ/International Welcome Party(日本の文化を食べ物や折り紙などを使って紹介)など10月:キャンプ/フィールドトリップ/小学校訪問(日本の文化をパワーポイントを使って小学生に紹介しました)11月:職場体験開始(Food Pantry で3週間、受付や品出し)/フットボール観戦/乗馬体験12月:ファイナルプレゼンテーション、卒業式、シカゴ&ニューヨーク観光/帰国106

元のページ 

page 108

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です