國學院大學 大学案内2017
106/142

コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所(フランス)西部カトリック大学(フランス)セインズベリー日本藝術研究所(イギリス)デュースブルク=エッセン大学(ドイツ)アジアパシフィック テクノロジー&イノベーション大学(マレーシア)「日本を学び世界を知る」には、世界の知識を身に付けるだけでなく、異文化と触れ合う経験が不可欠です。國學院大學は世界に広く扉を開いており、異文化に直接触れて体感するさまざまなサポートを行っています。国際交流[プログラム/留学実施校]留学プログラムと国際交流 夏、春の長期休暇を使って、海外協定校での外国語集中プログラムに参加します。毎年計100人前後の学生が参加する留学入門プログラムです。 交換留学生として海外協定校へ1学期間または2学期間派遣される制度です。留学先の一般学生と同じ授業に参加することを原則とするこの制度を通じて、グローバルな視点から日本文化を相対化して位置付け、世界に発信できるような人材の育成を目指します。■夏期・春期短期留学■セメスター(1学期間)留学 協定校への1学期間の留学プログラムです。より高いレベルでの語学力習得と、文化理解を目的とします。平成28年度は、英語圏はリンフィールド大学(米国)、ミズーリ大学(米国)、マニトバ大学(カナダ)が、中国語圏は南台科技大学(台湾)が留学先です。いずれも全学部全学科の学生が対象です。■協定(1学期間~2学期間)留学 國學院大學では協定校から毎年20人程度の交換留学生を受け入れています。K-STEP(Kokugakuin Short-Term Exchange Program)は交換留学生向けプログラムで、日本文化・社会を英語で学ぶ科目では一般の学部生と共に学んでいます。 日本文化・社会に関連する分野の研究者が世界各国から招聘され、國學院大學で研究成果を挙げています。また、キャンパスでは外国人研究者を招いてのシンポジウムなども行われています。■交換留学生の受け入れ■留学生との交流 國學院大學では、学部、大学院、交換留学生合わせて約130人の留学生が学んでいます。交換留学生の生活・日本語学修支援、勉強会、訪問授業や料理教室など各種イベントを通じ、交流を深めることができます。■外国人研究者の学術交流●海外協定校(学部間協定なども含む)  (平成28年4月現在)「グローバル・チャレンジ・プログラム」を実施中 日本文化を世界に発信できる知識と技能を身に付けたグローバル人材基礎力を育成するためのプログラムです。授業からだけでなく、留学や課外活動など、グローバル人材に向けて総合的な基礎能力を身に付けることができます。卒業時までに修了要件を満たした学生には、プログラム修了証が交付されます。副専攻「日本理解」修了専門領域のグローバルな視点での知識・見識実社会・国際舞台での経験グローバル・チャレンジ・プログラムグローバルに活躍できる人材グローバル・チャレンジ・ポイント12ポイント以上●対人関係力・リーダーシップ ●日本語運用能力 ●日本と日本文化の理解●異文化と多様性への対応 ●外国語コミュニケーション能力グローバル人材基礎力104

元のページ 

page 106

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です