名古屋市立大学 大学案内2020
21/48

薬学研究科長・薬学部長林 秀敏薬学部 薬学科3年大崎 康太滋賀県立石山高等学校出身Message薬学部のページにようこそ。 薬学と言って、皆さんはどんなイメージをお持ちになりますか?病院や町の薬局で活躍している薬剤師さんでしょうか?皆さんが病気の時に助けてもらっているお薬やそれを研究・開発している製薬会社や大学の研究所を思い出すでしょうか?それとも厚生労働省や自治体で健康や福祉のことに従事しているお役人でしょうか?名古屋市立大学の薬学部はいずれのイメージをも実現することが可能な場所です。 以前は不治の病と言われた結核などの感染症の克服、戦後からのわが国の平均寿命の驚異的な延伸など、いずれも治療、診断、予防などの技術革新とともに、数々の画期的な医薬品の開発が多大な貢献をしています。薬の開発は古くは経験的に自然に求め、現代では、最新の知識や先端の技術を駆使し、今までにない新規の機序に基づき創製され、人々の疾病治療や健康維持のために使用されています。しかし、医薬品の多くは適正に使用されなければ、人に対してむしろ毒性を示すようになるものも少なくありません。正しい薬の情報に基づいて、適正に管理され、適正に使用されることが必要です。本学の理念に基づき、薬学部では、6年制のコースである「薬学科」において、幅広い基礎知識と深い専門性を兼ね備え、人間性豊かな高度医療人として活躍する薬剤師の養成を、4年制のコースである「生命薬科学科」において、物質科学と生命科学の基礎知識と技能を有し、かつ薬学人としてのアイデンティティーを備えた創薬・生命科学分野の専門家の育成をそれぞれ目指しています。また、公立大学、そして東海地区で唯一、医学部・薬学部・看護学部、そして附属病院を有する大学の特徴を活かし、各学部との緊密な連携に基づく教育も実践し、基礎の場における創薬、臨床の場における薬物療法という薬学本来の2本の足で支えられた教育・研究活動を展開しています。 平成25年度に改築工事も終了し、素晴らしいキャンパスが完成しました。本学部の「創薬基盤科学研究所」も創薬の研究教育拠点として生まれ変わりました。 130年を超える歴史と伝統に支えられながらも、新しい理念のもと、多くの熱き若人たちが名古屋市立大学薬学部の門をたたき、生まれ変わった薬学部のキャンパスで大いにチャレンジしてくれることを期待しています。名古屋市立大学には川澄、北千種、滝子そして田辺通の4つのキャンパスがあり私たち薬学部の学生は田辺通キャンパスに通っています。キャンパスの横には山崎川が流れており春には桜が咲き、観光名所になっています。名古屋市立大学では薬学の知識だけでなく、1年生の教養科目で文理関係なく視野を広げることができるほか、医学部と看護学部と合同で、地域参加型のチーム医 療の学習をすることができます。また2年生以降も医療系ならではの講義があり、医療全体の知識も習得することができます。薬学部には薬学科と生命薬学科がありますが、薬学科からでも製薬会社や公務員、製薬会社以外の企業などにも就職する人もおり、幅広く社会で活躍することができます。このように多くの先輩が社会で活躍できているのも名古屋市立大学で学んだことや経験が糧になっていると思います。実習やクラブ活動、サークル活動などを通して先輩や先生方、OBの方々などとのコミュニケーションを取ることができ、社会の話や、今まで知らなかったことを多く学ぶことができます。また全国各地から学生が集まっていることもとても特異なことで面白いです。毎年10月には田辺通キャンパスで薬学祭という学園祭が行われ、クラスや研究室ごとに模擬店を出したり自分たちで企画を運営したりととても盛り上がります。魅力たっぷりの名古屋市立大学で一緒に充実した日々を送りましょう。中期計画における重点的取り組み❶臨床薬学教育研究センタ一の整備をはじめとする臨床薬学教育体制の充実❷医学部・看護学部と連携した臨床薬学教育プログラムの開発と展開❸創薬・生命科学分野での教育研究体制の充実にむけた薬学研究科の組織改正と 重点研究拠点の整備・構築❹新しい薬学部・薬学研究科にふさわしい研究棟、教育棟の建築Q&A薬学を学ぶにあたって、一番大切なことは何ですか。 生命・薬などの「モノ」の本質を科学的な目で捉えつつ、薬と医療を通じて人類の健康と福祉の発展に貢献するという態度・意欲を養うことです。それぞれの学科の教育課程の違いは? 1年生の全学教養教育科目、2年生の基礎薬学科目までは両学科とも共通ですが、3年生からそれぞれの専門科目が入ってきます。さらに、生命薬科学科(4年制)は3年生の後期から、薬学科(6年制)は4年生から卒業研究が始まります。薬学科(6年制)の4年生の後期からは事前実習が始まり、5年生の病院や薬局での実務実習へと進んでいきます。各学科の卒業後の進路状況について教えてください。 平成21年度から新制度4年制(生命薬科学科)の卒業生を輩出しており、そのほとんどが大学院博士前期課程に進学しています。大学院博士前期課程の修了生は、その2/3が製薬企業の研究開発に、2割が博士後期課程あるいは6年制の上の博士課程に進学しています。また、平成24年3月以降、新制度6年制(薬学科)の卒業生は病院や薬局の薬剤師など医療関連の進路のほか、製薬会社の研究開発、公務員、大学院博士課程への進学なども多く、研究や行政の分野での活躍も期待されています。薬学部生から21

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る