名古屋大学 大学案内2018
62/96

61 GUIDE TO NAGOYA UNIVERSITY 2018大学院Graduate School s環境学研究科Graduate School of ENVIRONMENTAL STUDIESwww.env.nagoya-u.ac.jpwww.ps.nagoya-u.ac.jp持続的な“Quality of Life”を文理連携で考える創薬科学研究科Graduate School of PHARMACEUTICAL SCIENCES名古屋発のブロックバスターをめざして 科学や産業技術の発展は、自然が与えた障害を克服し、その制約を緩和するための努力の結果生み出されたものです。しかし、人間の生産活動が増加するに従って、人間が自然を傷め、結果的に人間自身の生存に脅威を与えるようになってきました。その端的な例は、海水汚染や気温の上昇など不可逆的な環境への影響でしょう。一方、世界的な都市化や国際化に伴い、都市環境、生活環境のありかたも再考を迫られています。地震・台風などの災害に悩まされてきた日本にとっては、自然のリスクに対する備えも重要な課題です。したがって、環境に関する問題は、公害や地球温暖化など狭義の環境問題を包含する形で、永続性も考慮した真の豊かさ、ないし人間が幸せに生きるための条件の問題として、幅広く捉え直す必要があります。 薬学の分野で、ブロックバスターとは、全く新しいメカニズムで作用し、これまでの治療体系を覆す新薬であるために、わずか一品目で巨額な売り上げを上げる、超大型の医薬品のことをいいます。これまで本学が培ってきた理学・工学・農学の基盤的学問の粋を結集して、幅広い視野、独創的発想力と骨太の研究遂行力を身につけた創薬基盤研究者を育成することが、本研究科の目的です。少子高齢化の進むわが国において、これまでにない発想で次世代の新薬を開発することができる創薬基盤研究者は、アカデミアと産業界の双方で活躍することが期待されています。 産 業 界アカデミア・研究機関東海地区 創薬情報コンソーシアム細胞生理学研究センター理学部工学部農学部他大学 理系・薬学系学部創薬科学研究科(博士前期課程)基盤創薬学専攻創薬科学研究科(博士後期課程)創薬有機化学講座・天然物化学分野・有機合成化学分野・分子設計化学分野創薬生物科学講座・分子微生物学分野・細胞生化学分野・細胞分子情報学分野・細胞薬効解析学分野産学協同研究講座・実践創薬科学講座・新薬創成化学講座連携創薬科学研究者創薬分子構造学講座・構造分子薬理学分野・構造生理学分野地球環境科学専攻社会環境学専攻都市環境学専攻空間・物質系都市持続発展論講座/環境機能物質学講座/物質環境構造学講座/地圏空間環境学講座/地域・都市マネジメント講座建築学系環境・安全マネジメント講座/建築・環境デザイン講座/建築構造システム講座環境政策論講座/経済環境論講座/環境法政論講座/社会学講座/地理学講座環境学研究科地球惑星科学系地球環境【注】平成30年4月1日より,地球環境科学専攻内に生態学講座が新設される予定です。システム学講座/地質・地球生物学講座/地球化学講座/地球惑星物理学講座/地球惑星ダイナミクス講座/地球史学講座大気水圏科学系地球環境変動論講座/気候科学講座/物質循環科学講座/地球水循環科学講座

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る