名古屋大学 大学案内2018
59/96

GUIDE TO NAGOYA UNIVERSITY 2018 58理学研究科素粒子宇宙物理学生命理学物質理学名古屋大学・エディンバラ大学国際連携理学物理学基礎論/宇宙構造論/星間物質学/素粒子物理学/ハドロン物理学/原子物理学太陽地球系環境学/太陽地球相関理学/太陽地球系物理学/素粒子宇宙基礎理論素粒子宇宙現象解析生体構築論/分子遺伝学/機能調節学/形態統御学/情報機構学/超分子機能学/生体調節論生体システム論/海洋発生生化学/遺伝子解析学/植物分子シグナル学/動物器官機能学物理系コース/化学系コース/生命理学系コース相関化学/分子物性学/無機・分析化学/有機・生物化学/物質物理化学/生体物理学物性基礎論/電子物性学/相関物性学/物質科学(両大学による単一の共同学位「ジョイント・ディグリー」を授与する)理学研究科Graduate School of SCIENCEwww.sci.nagoya-u.ac.jpwww.med.nagoya-u.ac.jpより深く、より広く自然科学を研究するために医学系研究科Graduate School of MEDICINE医学研究の最前線を行く 近年の基礎科学研究分野は、それぞれの専門分野が一層深化・多様化に向かっています。また、最先端の科学研究では、物質の根源と宇宙の起源に関する素粒子物理学と宇宙物理学の結びつき、あるいは物性と科学反応性に基づいた新たな物質機能創造における物理学と化学の協力、原子分子レベルでの生命現象の解明のための生物学と物理・化学との連携、さらには地球・惑星と太陽系・宇宙を統合的に研究する宇宙・地球惑星系科学などに象徴されるように、伝統的な学問領域を超えた分野間の連携や学際領域の研究がますます重要になりつつあります。 本研究科は、平成10年度から3ヶ年計画で大学院講座に移行し、大学院の教育研究の一層の整備充実を図りました。多彩な研究が行われていますが、それぞれの最新鋭機器を揃えた共通機器センター、RI実験室の完備、動物実験施設など、恵まれた研究環境にあります。教育面では、「遺伝子操作技術の基礎」や「バイオイメージングの基礎技術」などの医学基礎実習と、内外のエキスパートを招いての医学特論などを実施。独自性の高い研究成果を生み出すと共に、明日の医学を担う若人の育成を目指します。高度保健医療専門職・教育者・研究者生命科学領域の教育者・研究者医学系研究科修士課程(医科学)(研修医)※両大学による単一の共同学位 「ジョイント・ディグリー」を授与する医学博士課程入学は出願資格審査必要・ 医療行政コース(1年課程) Young Leaders’Program(YLP)・ 医科学コース・ 公衆衛生コース・看護学・医療技術学・リハビリテーション療法学医学系研究科博士後期課程総合医学名古屋大学・アデレード大学国際連携総合医学※名古屋大学・ルンド大学国際連携総合医学※医学系研究科医学博士課程(MD・PhDコース)研究志向の医学部生・医学部卒業生に、早期に研究に専念できる環境を提供し、MDとPhDの両学位を早期に取得するコース。医学部医学科歯学部薬学部獣医学部(いずれも6年課程)・看護学・医療技術学・リハビリテーション療法学医学系研究科博士前期課程他研究科博士前期課程他学部・医学部保健学科

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る