名古屋大学 大学案内2018
30/96

29 GUIDE TO NAGOYA UNIVERSITY 2018経済のメカニズムを解明し、将来を担う人材を育成する経済学部School of ECONOMICS経済学部School of ECONOMICS 現在、世界各地で地域紛争、貧困、環境破壊などの深刻な問題が生じています。また、国内でも、巨額の財政赤字、医療、少子高齢化、女性の社会進出など、急速で大きな構造変動に直面しています。経済学・経営学を学ぶということは、私たちが生活している社会や、働いている組織について、その構造や変化の仕組みを解明しようとすること、そして、より豊かな生活のために、このような問題を解決しようとすることです。経済学部は、経済学科と経営学科からなり、経済理論、経済政策、経済史、経営学、会計学などの分野で多数の優れた教員を擁し、これらの分野の様々な問題の研究と教育に取り組んでいます。経済学部では、はじめの2年間で基礎的な科目を修得して「基礎的分析力」を、残り2年間で少人数のゼミナールにおける主体的勉学を通じて「自主的探求力」を身につけること、そして、将来を担うグローバルな人材を育成することを目指しています。経済学部 学生からVOICE 01 経済学部では通常の授業に加えて、自分の興味と意欲次第で様々な経験をする機会が与えられます。私自身1・2年次には大学からの支援を受け二度の短期留学を経験しました。ほかにも留学生と英語で経済の授業を受けたり、実際に企業の方からアドバイスをもらいながらビジネスプランを作る経験もしました。 現在は、西洋経済史のゼミに所属して、少人数でより専門的なことを学んでいます。経済学部は比較的時間に余裕があるので、資格を取るための勉強にも多くの時間を当てています。また勉強だけでなく、所属しているフライングディスク部の活動にも積極的に取り組み、充実した大学生活を送っています。興味のあることに挑戦し有意義な大学生活を送ってください。VOICE 02経済学部 教員から経営学科 3年ASANO Akane出身校: 岐阜県立岐阜北高校浅野 朱音 さん 名古屋大学経済学部では3年生になるとゼミナールと呼ばれる少人数の授業が始まります。私のゼミナールでは、所得格差、経済成長、デフレ不況などについて学んでいます。ところで、名古屋大学経済学部の学生には他大学の経済学部生にはあまり見られない特徴があります。それは、経済学・経営学の両方をとてもバランスよく学んでいるということです。例えば、私のゼミナールでは経済学だけを学んでいますが、学生のほとんどは簿記の資格を取得しており、日本政府や日本銀行の会計資料を読むことができます。社会全体を高い視点から見渡す広い視野と、個々の企業の仕組みを理解する鋭い視点が身に付くことが、名古屋大学経済学部の大きな魅力です。経済学部ARAWATARI Ryo専門分野:マクロ経済学荒渡 良 准教授

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る