名古屋大学 大学案内2018
27/96

GUIDE TO NAGOYA UNIVERSITY 2018 26大局的見地から総合的な判断のできる人材カリキュラムCURRICULUM IMAGE■法学部科目のうち、基礎的・基本的な科目を学びます。 幅広い教養と知識を身につけるため、全学教育科目も学びます。■法学部の専門的な科目の学習が本格的に始まります。少人数教育の演習(ゼミナール)も始まります。■各自の興味関心や進路との関係で、各科目の学習を深めます。 法学・政治学の専門的知識を身につけます。■卒業論文の執筆は推奨されますが、必須ではありません。 卒論執筆の場合は、ゼミナールの教員から指導を受けます。1年次2年次3年次4年次月火水木金1 2345理系基礎科目文系基礎科目第二外国語全学教養科目文系教養科目 法学部専門科目(現代日本の司法)・憲法Ⅱ ・民法Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ ・国際法総論 ・刑法 Ⅰ・Ⅱ ・(日本・西洋)法制史 ・法情報学 Ⅰ・Ⅱ ・政治学原論・日本政治史 ・国際政治史 ・行政学 ・演習 など・国際法各論 Ⅰ・Ⅱ ・商法 Ⅰ・Ⅱ ・行政法 Ⅰ・Ⅱ ・労働法 ・民事訴訟法 ・刑事訴訟法 ・知的財産法 ・法哲学・外国法(コモンロー、ロシア法、中国法等) ・法社会学 ・政治過程論 ・国際政治学 ・演習 など法学部専門科目(現代日本の外交・国際関係)英語(基礎)理系基礎科目法学部専門科目(現代日本の政治と行政)健康・スポーツ科学実習Ⅰ文系基礎科目第二外国語基礎セミナーA(文系)情報リテラシー(文系)情報リテラシー(文系) 法学部専門科目(法と政治の思想)(上記の時間割は一例)健康・スポーツ科学講義[法律・政治学科]学科は一つです。法律学を中心に勉強することも、政治学を中心に勉強することもできます。 前期には、4つの基礎的・入門的な法学部科目があります。後期には、憲法Ⅰと民法Ⅰという専門科目も登場します。全学教育科目の学習も、法と政治の理解を助け、深めます。基礎セミナーでは、主体的な学習方法を身につけます。POINT 法学部の科目は、自主性を尊重した完全自由選択制です。卒業までの学習計画に基づいた、体系的な学習が求められます。ゼミナールでは、調査・発表と討論を通じて主体的に学習します。インターンシップも、授業の一環として行われており、就業体験を通じて今後の学習の指針や将来の進路を発見する機会となっています。POINT

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る