名古屋大学 大学案内2018
24/96

23 GUIDE TO NAGOYA UNIVERSITY 2018教育学部School of EDUCATIONコース紹介COURSE学生の1日 人間の教育は家庭から始まり、学校、社会を通じて生涯にわたるものです。このコースでは、人間形成と発達の過程を規定するさまざまな文化的・社会的要因について歴史、制度、地域社会、労働、技術などの様相から考えていきます。具体的には、教育社会史、教育行政学、社会教育学、技術・職業教育学、生涯教育計画学といった領域から、アプローチをしていきます。 6:00起 床18:00アルバイト20:30帰宅7:30家を出る8:451限 学校心理学講義Ⅰ学校心理学の考え方や、スクールカウンセラーのお仕事について学びます。2限 発達援助臨床学Ⅱ キャリアの心理学キャリアとはなにか、どのように人生を歩んでいくのかについて考えます。10:3012:00友人と昼食14:453・4限 心理行動科学実験   演習8﹇上級実験法﹈1学期間かけて、グループで1つ、実験研究を行います。 心理学系コースは合わせて30人くらい、またほとんどの授業を一緒に受けるので、まるで高校のときのクラスのようです。実験演習の授業では、グループで心理学実験を行い、分析して結果を発表します。少人数ならではのじっくりとした話し合いや大学院生さんのサポートもあり、アットホームな雰囲気でとても居心地が良く、楽しく学ぶことができます。人間発達科学科 3年心理社会行動コースIWAMI Sayaka出身校: 愛知県立豊田西高校岩見 沙耶加 さん生涯教育開発コース 高度情報化の時代、学校はどのような役割を担い、どのような期待に応えていくべきなのでしょうか。このコースでは、情報化社会における学校教育の過程や構造について、実際の学校生活や学校文化について、参与観察やフィールドスタディを行いながら、人が成長し、その中で意味を求めていく姿を共に考えていきます。具体的には、教育情報学、カリキュラム学、教育経営学、教育方法学、学校環境学などの領域からアプローチをしていきます。 学校教育情報コース 現代社会は、複数の国家が結びつきを持つ国際化、「ヒト・モノ・カネ・情報」が国家・地域などの垣根を越えて地球規模でやり取りされるグローバル化が進展しています。このコースは、異文化に出会い、異文化の人々と語り合い、相互理解を深めたり、同時に自文化を再発見し、自己を見つめ直すことを目的とするプログラムです。具体的には、人間形成学、教育人類学、教育社会学、比較教育学、教育経済学といった領域から、グローバルなレベルでの人間や教育の問題を一緒に考えていきましょう。 国際社会文化コース 私たちは、人やモノ、そして自分自身を、どのようにとらえているのでしょうか。このコースは、人間の認知や機能、人格特性について、社会的文化的文脈の中で、科学的かつ数量的に解明していこうというプログラムです。具体的には心理計量学、学習行動学、パーソナリティ発達学、社会行動学、応用行動学などの領域から、探求していきます。 心理社会行動コース 人間が発達するのは、どのようなプロセス、どのような仕組みで可能となるのでしょうか。このコースでは人間の成長と発達について大きく2方向から探求しており、一方は誕生から老人にいたるまでの過程から、他方では家族・学校・地域・職場といった生活空間の広がりの中から考察します。具体的には、生涯発達心理学、発達援助臨床学、家族発達臨床学、学校臨床心理学、医療臨床心理学などの領域からアプローチをしていきます。発達教育臨床コース教育学部

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る