北里大学 大学案内2017
55/68

54子どもたちの好奇心の芽を育むことができる環境を残したい。 「葛西臨海水族園」で生物の飼育と展示、展示生物の採集やイベントなどを担当しています。生物を観察していると常に発見があり、その驚きや喜びを来園者と共有できることにやりがいを感じます。大学時代、三陸の海で先生や仲間と過ごした経験は、私にとって大きな財産。この仕事を通じて、子どもたちの生物への好奇心を育むことができる環境を残したいと考えています。予後を左右する初療のマネジメントが救急科の責任であり、醍醐味です。 スポーツ医学をめざして入学しましたが、在学中に「困っている人を助けたい」という思いが強くなり、救急を専門とすることにしました。救急というと、病気も外傷も、軽症も重症もと、とらえづらいかもしれませんが、私は「急性期のスペシャリスト」だと考えています。各専門科に引き継ぐまでのマネジメントが我々の責任であり、やりがいです。災害派遣など院外の活動も多くタフな現場ですが、不撓不屈の精神で頑張っています。人生の大先輩から教えられることも。笑顔を交わす、喜びの多い仕事です。 消化器内科に勤務して11年目。高齢の患者さんが多く、人生の大先輩から教えていただいたり、関わりを通じて笑顔をもらえたりするのが、この仕事の楽しさのひとつです。大切にしているのは、わからないことがあれば、まず自分で考えること。それから先輩や他職種のスタッフに相談します。時には看護学部の恩師にも相談できるのがありがたいですね。医師や他のスタッフから頼りにされる臨床工学技士をめざしています。 臨床工学技士として、北里大学病院内のMEセンター部でローテーターという役割を担当しています。実習の際にレベルの高い仕事内容を目の当たりにし、ひとつのことを専門的に行うより、いろいろなことを経験して技術を身につけたいと思い、この職場を選びました。機械の設定について医師に提案をして認めてもらえたときは、とてもやりがいを感じる瞬間ですね。堀田 桃子さん服部 潤さん小林 里栄さん國香 正見さん2005年看護学部 看護学科卒業2008年医療衛生学部 医療工学科 臨床工学専攻卒業公益財団法人東京動物園協会葛西臨海水族園 勤務北里大学病院救命救急・災害医療センター勤務北里大学病院 消化器内科 勤務北里大学病院 MEセンター部 勤務卒業生メッセージ2002年医学部 医学科卒業2004年 水産学部 水産生物科学科(現 海洋生命科学部)卒業2006年 大学院水産学研究科修士課程修了

元のページ 

page 55

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です