北里大学 大学案内2017
45/68

44学べる分野学べる分野学べる分野学べる分野医療系研究科設置の目的◉医学・医療の総合的発展のために、基礎的研究と臨床的研究との個別・相互間の調和と充実を図り、これを推進する研究者、教育者、医療現場の指導者としての高度な専門技術者を養成します。教育の特色◉医療人間科学分野を共通教育単位として設定し、専攻する分野にかかわらず、医療人として優秀な人材を養成。修士課程7学群、博士課程8学群に分類し、基礎医科学と臨床医科学とを横断的・立体的に学べるよう履修科目を選択することで、深い専門知識を有する人材を養成しています。年間を通じてテーマを設定したシリーズ型(12回/年)とテーマ設定がないオムニバス型(約70回/年)の特別講義を開講し、最先端の理論・技術が習得できるようにしています。また、「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」では、がんに特化した専門医や医療スタッフを養成し、「臨床心理学コース」では臨床心理学と生命科学、医療についての専門的知識をもち、これを活かすことのできる臨床心理士の育成をしています。研究の特色◉科目や学群を越えたプロジェクト研究が容易にできるように有機的・効果的なネットワークシステムを構築しています。生体構造医科学群分子細胞生物学生体構造学細胞・組織病理学応用腫瘍病理学分子病理学生体反応病理学形態形成機構学環境医科学群労働衛生学環境毒医科学環境感染学生体構造医科学群分子細胞生物学生体構造学細胞・組織病理学応用腫瘍病理学分子病理学生体反応病理学形態形成機構学環境医科学群労働衛生学環境毒医科学環境感染学環境微生物学法医学環境衛生学国際寄生虫病制御学分子血液学臨床遺伝医学生体機能医科学群細胞・分子生理学細胞免疫学臨床免疫学神経機能学脳機能科学加齢医学生殖工学東洋医学リハビリテーション科学医療工学群医用生体工学臨床工学医療画像工学医療情報学分子イメージング学医療安全工学医療電子工学医学物理学診療放射線技術学臨床医科学群消化器内科学内分泌代謝内科学循環器内科学神経内科学血液内科学環境微生物学法医学環境皮膚科学環境衛生学国際寄生虫病制御学分子病態学群分子遺伝学生体制御生化学分子薬理学分子腫瘍学分子病態診断学分子病態生物学分子病態学群分子遺伝学生体制御生化学分子薬理学分子腫瘍学分子血液学分子病態生物学生体機能医科学群細胞・分子生理学細胞免疫学臨床免疫学神経機能学脳機能科学生殖工学感覚・運動統御医科学群視覚情報科学感覚・運動統御医科学群言語聴覚情報科学視覚情報科学機能回復学医療工学群医用機械工学臨床工学医療放射線工学医療画像解析学医療情報学分子イメージング工学医療安全工学腎臓内科学呼吸器内科学膠原病・感染内科学精神科学小児科学放射線科学皮膚科学臨床検査診断学東洋医学臨床遺伝医学総合診療医学外科学心臓血管外科学呼吸器外科学脳神経外科学整形外科学形成外科・美容外科学診療放射線技術学医療電子工学医学物理学医療人間科学群医療心理学発達精神医学産業精神保健学臨床研究企画開発学医療マネジメント睡眠医科学臨床脳神経心理学生物統計学産婦人科学耳鼻咽喉科学泌尿器科学眼科学麻酔科学救命救急医学医療人間科学群医療心理学発達精神医学産業精神保健学臨床研究企画開発学医療経営・管理学睡眠医科学臨床脳神経心理学生物統計学医科学専攻 修士課程医学専攻 博士課程●医科学専攻(修士) ●医学専攻(博士) |相模原キャンパス薬学研究科薬科学履修コース:16の専門分野で最先端の研究に従事。高度な専門的知識・技能に加え、薬学関連分野の幅広い知識や問題解決能力をそなえた生命科学・創薬科学分野における技術者、研究者及び教育者等を育成します。臨床統計学履修コース:統計学的理論に基づいてデータを解析し、効率的な臨床試験計画を立案できる技術者、研究者及び教育者等を育成します。医薬開発学履修コース:医薬品開発に必要な知識を習得し、戦略的かつ国際的な医薬品開発企画を立案できる技術者、研究者及び教育者等を育成します。薬学履修コース:研究室の専門分野で最先端の研究に従事して、医療薬学・臨床薬学関連の高度な専門知識に加え、医療現場での問題発見・解決能力を習得することで、医療現場等で指導的な立場で活躍できる研究者及び教育者等を育成します。医療薬学履修コース:がん領域の専門家として、がん領域を通して社会に貢献できる人材を育成します。●薬科学専攻(修士・博士後期) 薬科学履修コース/臨床統計学履修コース/医薬開発学履修コース●薬学専攻(博士) 薬学履修コース/医療薬学履修コース  |白金キャンパス有機化学系薬剤・分析学系創薬情報科学系衛生薬学系薬理・薬物学系生化学・微生物学系薬科学履修コース生命薬化学生体分子解析学薬品製造化学医薬品化学生物分子設計学生薬学衛生化学公衆衛生学生化学薬理学分子薬理学微生物学微生物薬品化学薬剤学創薬物理化学情報薬学薬科学専攻 博士後期課程薬学専攻 博士課程薬科学専攻 修士課程臨床統計学履修コース臨床統計学医薬開発学履修コース医薬開発学医療薬学履修コース医療薬学薬学履修コース薬物治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ保険薬局学病態解析学薬物動態学中毒学医療心理学看護学研究科看護学研究科は、高齢化社会・福祉社会の到来に伴う看護ニーズの高まりに応え、看護の質を高めることを通じ、看護学全体の発展と保健・医療の向上に寄与することを目標としています。修士課程の人材養成の方針は、専門看護師をはじめとする看護スペシャリストの養成であり、特色ある9つの専門分野で構成されています。博士後期課程では、修士課程の専門分野をさらに絞って実践看護学(感染、クリティカルケア、がん、家族)と機能看護学(看護生涯教育学、地域・看護システム学)が置かれています。いずれも高度な知識をもつ専門性の高い看護師や、研究・教育の専門家を養成しています。看護学専攻基礎看護学 感染看護学 クリティカルケア看護学 がん看護学 小児看護学ウイメンズヘルス看護学 老年看護学 精神看護学 地域・家族システム看護学看護学専攻感染看護学 クリティカルケア看護学 がん看護学 家族・生涯発達看護学Ⅰ家族・生涯発達看護学Ⅱ 看護生涯教育学 地域・看護システム学看護学専攻 修士課程看護学専攻 博士後期課程●看護学専攻(修士・博士後期) |相模原キャンパス感染制御科学府感染制御科学府は、感染症などの重要疾病発症の制御に対する社会的要求に応えるため、北里生命科学研究所を「研究部」とし、その「教育部」として平成14年4月に博士前期(修士)課程が、平成16年4月に博士後期課程が設置されました。「感染制御・免疫学履修コース」と「創薬科学履修コース」に分かれており、感染制御・創薬分野に特化した大学院教育が展開されています。従来の大学院研究科が学部の上に位置するものであるのに対し、学府は学部のない独立大学院です。他研究科とのネットワークを通じて、感染制御分野の柔軟な連携を図る横型の大学院となっています。また、学府生は博士前期(修士)課程、博士後期課程を通じて北里生命科学研究所等の感染制御と創薬に関するプロジェクト研究に参加し、先進的研究の最前線を経験し、実践的研究能力を養います。感染制御・免疫学履修コースワクチン学 分子細菌学 分子ウイルス学 感染症学創薬科学履修コース微生物創薬科学 生物有機化学 和漢薬利用科学 細胞機能制御科学感染制御・免疫学履修コースワクチン学 分子細菌学 分子ウイルス学 感染症学創薬科学履修コース微生物創薬科学 生物有機化学 和漢薬利用科学 細胞機能制御科学感染制御科学専攻 修士課程感染制御科学専攻 博士後期課程●感染制御科学専攻(修士・博士後期) 感染制御・免疫学履修コース/創薬科学履修コース |白金キャンパス・相模原キャンパス大学院Graduate Schools

元のページ 

page 45

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です