北里大学 大学案内2017
43/68

42学びの素地をつくる一般教養基礎から応用へ、一般から専門へ。北里大学が実現している段階的・体系的な学びの土台をつくるのは、全学部の学生が一般教育部で履習する、幅広い教養を身につけるための科目群です。段階的に専門性を高めるカリキュラム 学部・学科・専攻ごとに編成されるカリキュラム。授業科目は4つの科目群に分類され、学年が上がるにつれて基礎から専門的な学びへと段階的に知識・スキルを培っていくことができるように、各年次に配当されています。講義や実習、演習など、さまざまなかたちで授業が行われ、年次を経るごとに専門性がアップ。高学年次で研究室に所属し、最新の設備が整った環境で取り組む卒業研究や、総合臨床実習で完結します。また、単位互換履修生として首都圏西部地区の18大学※(2016年3月現在)の授業を履修できる単位互換履修制度があり、知見をさらに広げることが可能です。これらの段階的な学びの基礎となるのは、一般教養を学ぶ1群科目。専門知識を修得するための素地をつくります。※桜美林大学、相模女子大学、女子美術大学、玉川大学、東京工芸大学、北里大学 ほかCOLUMN幅広い視野と豊かな人間性を形成する科目1群科目専門の基礎的知識・技術を形成する科目2群科目高度の専門知識・技術を形成する科目3群科目総合的な能力を形成する科目4群科目未履修科目の補強にも。元高校教員による個別指導を実施「学習サポートセンター(ASC)」では、元高等学校教員のチューターが英語、数学、物理、化学、生物の無料補習指導を実施。高等学校で未履修の科目がある人、基礎学力を底上げしたい人が気軽に利用できます。また、一般教育部では、「一般教育部北里会」を運営してクリスマスパーティーなどのイベントを開催するなど、学生生活を豊かにするための取り組みも行っています。L2号館1階授業期間(試験期間、長期休暇期間、北里祭期間等を除く)月~金曜日 12:30~17:30(土・日・祝祭日は閉室)場  所開室時間ASC(アスク)一般教育部学習サポートセンター補習指導学びの素地を養う1群科目【人間形成の基礎科目】人文・社会・自然科学の素養を身につける文化の領域◆哲学の楽しみA・B/科学を考えるA・B/芸術の楽しみA・B/倫理学A・B/文学の楽しみA・B/信仰と救いA・B社会の領域◆日本国憲法A・B/法律の役割A・B/経済のしくみA・B/個人と社会A・B/政治のしくみA・B/文化人類学A・B/日本と国際社会A・B/環境を考えるA・B/歴史と人間A・B/心理学A・B健康の領域◆健康の科学A・B・C/健康とスポーツ演習/ライフスポーツ演習A・B・C【総合領域科目】従来の「学問」にはない視点から人間を考える北里の世界/仕事と人生/農医連携論全学部の学生がおもに1年次で履修する1群科目は、専門知識を学ぶうえでの素地を養う一般教養科目です。語学や数学、物理・化学などの基礎科目のほか、みずみずしい感性を養い、人生や移り変わる社会のなかで価値観を確立することについて、じっくりと考えるための科目があります。【基礎教育科目】科学的思考や批判的能力を育み、実技能力を伸ばす外国語系◆英語AI・AII/英語BI・BII数理・情報系◆数学/統計学A/数学の基礎/発展数学A・B/情報科学A・B・C自然科学系◆物理学/物理学実験/化学/化学実験/生物学/生物学実験/物理学要習/化学要習/生物学要習【教養演習系科目】自主的に課題を設定する能力や問題解決能力を育む教養演習A・B・C/大学基礎演習/言語と文化A・B北里柴三郎の功績と、北里柴三郎の思いや理念が結実した北里研究所及び北里大学の歩みをたどるとともに、生命科学の最前線を知り、科学的なものの見方、考え方、そして学ぶことのおもしろさを理解します。北里の世界PICK UP授業

元のページ 

page 43

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です