北里大学 大学案内2018
36/68

35医療検査学科❶ 臨床検査の基本となるバイオサイエンスや機器の高度化にしっかりと対応❷3年次後期からは感染症をテーマとしたテュートリアル教育を実践❸ 研究・実験方法も学び、将来は研究者としての道も開かれる学科の特色Department of Medical Laboratory Sciences医療現場のニーズに応えられる臨床検査技師を養成患者さんの心に寄り添った検査を医療検査学科 4年生鈴木 久美子茨城県立 古河第三高等学校 出身VOICE4年間の学びのフロー1年次3年次2年次4年次4年間の学びの土台をつくる一般教養科目で人間形成の基礎科目や自然科学系の科目を中心に学ぶとともに、専門基礎科目の「医療学概論」「解剖学」「生理学」を履修し、医療や人体に対する理解を深めます。[おもな開講科目]医療学概論/解剖学/生理学/チーム医療論(演習含)確固たる知識を身につける「血液学」「臨床生理学」「臨床化学」の講義・実習のほか、「臨床細胞学」「検査機器学」「放射線科学実習」などを履修し、実践的な知識を身につけます。[おもな開講科目]公衆衛生学実習/医用工学概論/医用工学実習/臨床病態学/臨床生理学実習生命科学の知識と専門性を獲得「組織細胞学」「生化学」「病理学」などの専門基礎科目に加えて、「遺伝子検査学」「微生物検査学」「免疫検査学Ⅰ・Ⅱ」「臨床生理学」など、臨床検査にまつわる主要科目を履修します。[おもな開講科目]解剖学実習/生理学Ⅱ/生理学実習/病理学/病理検査学実習卒業研究のほか、国家試験対策も3年次の11月からスタートする病院での臨床実習や卒業論文作成を通して倫理観、論理的思考、自ら考える力をさらに磨きます。また、年間を通じて国家試験対策も重点的に行い、目標達成に向けて学びを積み重ねます。[おもな開講科目]臨床検査総論Ⅱ/臨床実習/卒業研究北里大学病院や東病院の臨床検査部と病院病理部で実習を行い、臨床検査全般に関わる実践的な検査実務を体得します。大学病院で行う臨床実習 臨床実習/3~4年次PICK UP授業 臨床検査は、病気の回復や健康を維持するうえで欠かせないもの。大きく分けて血液検査などの検体検査、心電図やエコーといった生理検査がありますが、それぞれに検査の種類は細分化され、覚えるべきことがたくさんあります。それだけに学びがいがありますし、普段の授業や実習を通じ、臨床検査技師が担うべき責任をひしひしと感じています。私が目標としているのは、患者さんの負担や不安をやわらげられるような技師になること。そのために、さらにスキルを磨いていきたいです。北里大学大学院、筑波大学大学院、順天堂大学大学院、東京医科歯科大学大学院、名古屋大学大学院◉おもな進学先◉取得できる資格・めざせる資格臨床検査技師(国家試験受験資格)、細胞検査士※(日本臨床細胞学会認定試験受験資格) ※1~3年次に指定された科目を履修するとともに、4年次の細胞検査士コースを履修し、修了すること(なお、細胞検査士コースの定員は15名とし、コースを履修する場合は別途履修料が必要)●カリキュラムの詳細は学部パンフレットでご確認ください。進路データ2017年3月卒業生数●122名 就職希望者数●109名/就職者数●100名(就職率 91.7%) 進学(大学院・編入等)●12名(進学率 9.8%) その他●1名国家試験合格率97.5%◉おもな就職先北里大学病院、北里研究所病院、聖路加国際病院、慶應義塾大学病院、帝京大学医学部附属病院、杏林大学医学部付属病院、筑波大学附属病院、東海大学医学部付属病院、日本医科大学付属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、東京都病院経営本部、横須賀共済病院 など

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る