北里大学 大学案内2017
27/68

26基軸は臨床薬学と基礎研究。「くすり」を通して社会に貢献する●生命創薬科学科●薬学科 薬学部では、大学附属病院と連携した臨床薬学教育を実現しています。4つの大学附属病院に勤務している薬剤師や医師が専任教員として在籍しており、講義や実習を担当。たとえば、調剤や製剤の実習では薬剤師が指導を行い、臨床医学の講義では医師が教鞭を執っています。また、薬学科には3年次から研究に取り組める「プレ特別実習コース」があり、生命創薬科学科では1年次から企業の研究所を訪問。医療現場だけでなく、研究分野でも活躍できる力を養います。薬学部School of Pharmacy酵素でアミノ酸をあやつり新薬開発への突破口を開く薬学人類の健康PICK UP分子構造を変換する酵素アミノ酸のL型とD型を、酵素のはたらきを利用して相互変換する研究。特にD型は神経伝達や内分泌の調整に役立ったり、老化に関係したりと多様な役割をもつ分子だ。この研究が、新薬開発のヒントになるかもしれない。詳しい情報は学部パンフで!

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です