北里大学 大学案内2018
22/68

21動物資源科学科❶ 人間と動物との共存を図りながら、動物資源・食糧資源を開発・利用するための専門知識が身につく❷「農医連携教育プログラム」で、動物資源科学と人の健康や医療とのつながりが理解できるようになる❸ 体外受精や不妊治療の増加に伴って需要が高まる生殖補助医療胚培養士への道が拓ける学科の特色Department of Animal Science人と動物、食と健康など、多様なつながりを意識する多角的な視点から興味を追究できる動物資源科学科 4年生宮崎 綾夏三重県立 久居農林高等学校 出身VOICE4年間の学びのフロー1年次3年次2年次4年次生命倫理を理解するための学び入学後の1年間は相模原キャンパスで基礎力を養いながら、幅広い視野をもつ人間性豊かな科学人としての素地を築きます。「農医連携教育プログラム」は、1年次から始まります。[おもな開講科目]動物資源科学概論1・2研究室で自分のテーマを深める幅広い学問領域を包含する動物資源科学の各専門分野を学びながら、3年次後期に9つの研究室から興味のあるものを選択し、各自がテーマに沿った研究を開始します。[おもな開講科目]分子生物学/動物生殖学実習/応用動物行動学実習/農医連携特定実習1・2・3・4動物資源科学を体系的に学ぶ2年次からは十和田キャンパスへ。恵まれた環境のなか、動物資源科学科ならではの幅広い講義や実習がスタート。附属牧場では草地・施設実習・肉牛実習・酪農家見学なども体験します。[おもな開講科目]生物有機化学/家畜品種論/動物生理学/動物飼育管理学/動物栄養学実習知識を結集させて研究に臨む4年間の集大成として、卒業研究に取り組みます。テーマは動物の繁殖・生産管理、細胞、畜産食品加工・利用といったように多岐にわたります。結果は論文にまとめ、発表します。[おもな開講科目]卒業論文/伴侶動物行動学/人工授精・胚移植論/家畜審査論・実習/動物検査学産業動物や実験動物、伴侶動物など、多様化する動物の存在。動物福祉や地球環境にかなった飼育のあり方を考察します。人と動物の新しい関係 動物飼育管理学/2年次PICK UP授業 動物と食の両方に興味を抱いていた私は、幅広い観点から学ぶことができる「農医連携教育プログラム」に魅力を感じ、動物資源科学科に入学しました。3年次からは専門プログラムに分かれて学びますが、私は食の安全分野を選択。特に印象に残っている講義は「農医連携特定実習(食品安全学)」です。この講義は相模原キャンパスで行われ、食品アレルギーに関する実習、食品衛生を学ぶために大学病院の調理室を見学するなど、総合大学だからこそできる学びの機会を得ることができました。◉取得できる資格・めざせる資格教職課程を履修すると取得可能:高等学校教諭一種免許状(理科)、中学校教諭一種免許状(理科)所定の科目を履修し単位を取得した者:家畜人工授精師(牛・豚)(牛体内・体外受精卵移植を含む)、食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)、飼料製造管理者(任用資格)●カリキュラムの詳細は学部パンフレットでご確認ください。進路データ2017年3月卒業生数●130名 就職希望者数●111名/就職者数●110名(就職率 99.1%)進学(大学院・編入等)●13名(進学率 10.0%) その他●6名農林水産省、(独)家畜改良センター、神奈川県立横浜栄高等学校、京都市動物園、㈱ブルボン、日本ハム食品㈱、塩野義製薬㈱、Meiji Seikaファルマ㈱、㈱ノーザンホースパーク、全国農業協同組合連合会(JA全農)、ロシュ・ダイアグノスティックス㈱、㈱アスコ、日本食研ホールディングス㈱、不妊治療病院 など◉おもな就職先北里大学大学院、北海道大学大学院、奈良先端科学技術大学院大学、札幌医科大学大学院、岩手医科大学大学院、国際医療福祉大学大学院◉おもな進学先

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る