北里大学 大学案内2018
19/68

理学部School of Science18生物科学科❶ 現代の生命科学の課題を研究する分子生物学、幹細胞学、細胞生物学、免疫学の4講座❷ 充実した設備で実験や実習を行い、知的好奇心や探究心を満たす❸ 複雑な生命活動を分子のレベルで解き明かし、生物科学の最先端を切り拓くDepartment of Biosciences広い視野から高次生命現象を分子論的に解明する学科の特色4年間の学びのフロー1年次3年次2年次4年次隣接領域にも触れ、知識を広げる専門科目として「生物科学入門Ⅰ・Ⅱ」「生物化学」を学びながら、生物学を広い視野から理解するために、生物科学の基礎に加え、数学や物理、化学などの講義・実習を履修します。[おもな開講科目]生物科学入門Ⅰ・Ⅱ/生物化学/基礎物理学実験/基礎化学実験/地学実験ハイレベルな専門知識を修得2年次までに身につけた生物科学の基礎知識と実験技術をベースに、より専門的な知識・実験技術を修得します。また、英語で書かれた最新の論文を読み、最先端の研究に触れる演習もあります。[おもな開講科目]細胞生物学Ⅱ/発生工学/生物科学原著講読Ⅲ・Ⅳ/生体防御学実験Ⅱ講義と実習を重ねて理解を深める分子生物学、分子発生学、細胞生物学、生体防御学などの専門的な学問領域の講義・実習が始まります。火曜日から金曜日の午後はほとんど実習となり、講義で学んだことへの理解を深めます。[おもな開講科目]細胞生物学Ⅰ/分子生物学/基礎情報科学演習/生物化学実験/生体防御学実験Ⅰ知識を結集させ、卒業研究研究テーマを選び、卒業研究に取り組みます。また、最新の欧文研究論文を輪読する「ゼミナール」や研究者を招いた「理学特別講義」を通じて現代生物学の知識を確かなものとします。[おもな開講科目]理学特別講義/ゼミナール/卒業研究マウスを中心に、さまざまな動物の分子が発生する姿を観察することにより、生命の神秘や発生の美しさを確かめます。生命誕生の瞬間を目撃 分子発生学実験Ⅰ/2年次PICK UP授業 医療系の大学でiPS細胞を学びたいと思い、北里大学に入学。授業を通して、生命の基本単位である細胞についての知識を深めていくことに楽しみを感じています。中でも最も好奇心を刺激されているのが、数々の実験。例えば、生物の成長過程において細胞がどう働いているかを調べるために、生物から細胞を取り出して染色し、顕微鏡を使って自らの目で確かめます。3年次の今年からは、より高度な実験がスタート。積極的にいろいろなことを吸収していきたいです。実験を通して生物科学を深く探究生物科学科 3年生松浦 稜千葉県立 松戸国際高等学校 出身VOICE北里大学大学院、東京大学大学院、横浜市立大学大学院、東京学芸大学大学院、山梨大学大学院、北海道大学大学院、上越教育大学大学院、東海大学大学院、首都大学東京大学院、東京医科歯科大学大学院◉おもな進学先◉取得できる資格・めざせる資格教職課程を履修すると取得可能:高等学校教諭一種免許状(理科)、中学校教諭一種免許状(理科)卒業すれば受講・受験資格を得られる:衛生工学衛生管理者卒業後1年以上の実務経験があれば受験資格を得られる:作業環境測定士、衛生管理者●カリキュラムの詳細は学部パンフレットでご確認ください。進路データ2017年3月卒業生数●78名就職希望者数●27名/就職者数●25名(就職率 92.6%)進学(大学院・編入等)●50名(進学率 64.1%) その他●1名◉おもな就職先ノバルティスファーマ㈱、杏林製薬㈱、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン㈱、アステラス製薬㈱、ビー・ブラウンエースクラップ㈱、日研トータルソーシング㈱、ACメディカル㈱、ぺんてる㈱、茨城県警察本部、神奈川県警察、警視庁、一般社団法人 日本海事検定協会、大和市役所 など

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る