佐賀大学 大学案内2019
78/122

コース紹介情報ネットワーク工学コース情報処理の基礎技術を確実にマスターし、その上にネットワーク、ソフトウェアなどの高度基盤技術の開発とシステム実現での活躍を目指す。知能情報システム工学コース情報処理の基礎技術を確実にマスターし、その上に人工知能、データサイエンスなどのコンピュータを高度に利用する分野での活躍を目指す。数理サイエンスコース代数・幾何・解析などの数学の修得を基に、キャリアパスを想定した確率・統計を学んで、教職・情報技術・金融・保険などの分野での活躍を目指す。生命化学コース化学の基本となる無機化学、有機化学、物理化学、分析化学を学び、科学者として化学、製薬、食品などの分野での活躍を目指す。応用化学コース材料化学を核とし、化学と工業の融合を進め、材料開発や化学工学に強い化学技術者として有機・無機工業化学などの分野での活躍を目指す。物理学コース科学技術を支える物理学を広範囲に教育研究し、宇宙利用、材料開発、情報技術、中学・高校の理科教育など、社会の広い分野での活躍を目指す。電気エネルギー工学コース電気エネルギーの発生・変換・利用などの基礎技術を身につけ、工業・医療・農業などの様々な産業分野で活躍できる電気技術者を目指す。メカニカルデザインコース様々な産業分野における開発・設計・生産とそれらのシステムで必要となる機械工学分野の専門知識を学び、モノづくりに強い技術者としての活躍を目指す。機械エネルギー工学コース流体、熱、海洋エネルギーなどの有効利用を中心に学び、高度エネルギー利用技術に強い機械工学技術者として幅広い分野での活躍を目指す。電子デバイス工学コースIoTを支える電子デバイス技術や情報通信を学び、ソフトウェアにも強いハードウェア技術者としてエレクトロニクスや情報通信分野での活躍を目指す。都市基盤工学コース安全・安心で豊かな地域社会の構築に貢献できる技術者として、都市基盤の整備・維持管理の分野での活躍を目指す。建築環境デザインコース建築・都市空間およびその周辺環境の整備・改善・保全に対してアイデアとリアリティに富む計画設計等ができる技術者として、地域創生への貢献を目指す。取得可能な資格1所定の単位を取得することにより、卒業時に得られる資格◎技術士補◎毒劇物取扱者◎測量士補◎第一種ボイラー・タービン主任技術者2所定の単位と教職関連科目の履修によって得られる資格◎中学校教諭一種(数学、理科)◎高等学校教諭一種(数学、理科、情報、工業)3所定の単位を取得し、卒業後の実務経験により得られる資格◎電気主任技術者4所定の単位を取得し、卒業後の実務経験後に受験資格が得られる資格◎危険物取扱者(甲種)、消防設備士(甲種)、火薬類保安責任者、発破技師、作業環境測定士、 衛生管理者、ガス溶接作業主任者、労働衛生コンサルタント◎二級建築士(卒業後に受験可)◎測量士、火薬類保安責任者、土木施工管理技士、一級建築士、技術士補076

元のページ  ../index.html#78

このブックを見る