佐賀大学 大学案内2019
7/122

佐賀大学ニュース■改組の趣旨■改組のポイント入学後のコースの選択「何を専門で学ぶ」かは入学してから決めていきます「どんな学部で学びたい」かは明確でも、具体的な分野は内容を知ってからという学生や、いろんな分野を学びたい学生もいます。そこで1年次は学科全体の基礎を学び、コースを把握し、2年次から専門コースへ配属と、段階を踏んでコースを選択していきます。しっかりと勉強内容を把握していくことでコース選択がしやすく、また進級してからのミスマッチをなくします。POINT1基礎学力の強化専門分野を社会で上手に活かしていくグローバル化や科学技術の進展に対応すべく、教養教育科目にも力を入れています。情報セキュリティ教育や研究者倫理・技術者倫理教育を行う理工リテラシーなどで、理工系専門分野と社会との連携を学びます。また、これからますます大切になっていく知財教育も、知的財産とは何か、大学が培ってきた知的財産をどう守り、どう活用していくのかを、段階的に学び活かしていきます。POINT2データサイエンス教育理工学や農学をデータから読み解きます社会のニーズに応えるべく、ビッグデータを活用したデータサイエンスに取り組みます。佐賀大学がこれまでに集積してきた貴重なデータや、社会の膨大なデータを解析し、必要な情報を学問や事業に活かしていく技術と知識を培います。今後ますます増えていくデータの必要性を見極め活かしていく上で、非常に重要な学問です。POINT3経済環境や産業構造の変化に伴う社会ニーズに柔軟に対応できる体制づくりを行います。●理工学・農学の主要な分野をカバーする多様なコースの設定●卒業後の進路の選択肢・可能性を広げる教育分野の導入●1年次に全体を学び、2年次からコース配属する 入学後のコースの選択によるミスマッチの解消「やりたいことを見つける」ための教育システム学生の適正に合った、各人の学習意欲をかきたてる専門分野の学びを可能にします●社会の動き、個人の学びの変化に柔軟に対応できるように基礎力を向上●実践的授業の取組みで複眼的視点・俯瞰的視野を養成基礎力の向上とより深い専門知識の修得佐賀大学の強みを活かした教育体制の提供を行います●地域社会・企業と連携したプログラムの導入●地域と連携したキャリアデザイン「佐賀大学だからできること」を活かすプログラム社会に求められる教育プログラムの強化地域創生に役立つ人材の育成基礎学力の強化キャリア教育の充実データサイエンス教育の設置基礎専門性実践力対応力問題解決力POINT3POINT2POINT1005

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る