佐賀大学 大学案内2019
65/122

医療に大切なものは、知識・技術・経験とそして、なによりも「こころ」だと思う。自己を尊重した教育システム 医学部は四半世紀におよんだ旧佐賀医科大学の建学の精神と伝統を受け継ぎ、「医学部に課せられた教育・研究・診療の三つの使命を一体として推進することによって、社会の要請に応え得る良い医療人を育成し、もって医学・看護学の発展並びに地域包括医療の向上に寄与する」ことを基本理念としています。そして、時代にマッチした斬新な教育方法を取り入れ、豊かな感性と高度な専門知識・技術を兼ね備えた良き医療職者を育成することを目標として教育を行っています。また、医療に関する単なる知識や技術を学ぶのみでなく、医療職者に求められる広い視野からの問題解決能力と病める人の悩みや苦しみを共感できる心を育てます。 医学部では、自己学習・自己評価をモットーとして学生一人一人の自主性を尊重した学習法や教養教育・基礎医学・臨床医学が融合した総合カリキュラム、医療の現場から学ぶことを重視した臨床・臨地実習による6年(医学科)あるいは4年(看護学科)の一貫教育を推進しています。学年別男女比率(平成30年度)1年生(計167人)2年生(計182人)3年生(計161人)4年生(計170人)5年生(計123人)6年生(計103人)050100150200■ 男 ■ 女38.3%(64人)61.7%(103人)58.8%(107人)41.2%(75人)32.3%(52人)67.7%(109人)61.2%(104人)38.8%(66人)56.1%(69人)62.1%(64人)37.9%(39人)43.9%(54人)教育学部芸術地域デザイン学部経済学部医学部理工学部農学部063

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る