佐賀大学 大学案内2019
51/122

教育学部芸術地域デザイン学部経済学部医学部理工学部農学部049経済はグローバルだ。学べば学ぶほど、世界の色々なことが見えてくる。経済学・経営学・法学の総合教育 2008年に起こった金融危機は世界各国に影響を及ぼしました。日本でも、戦後最長の景気上昇局面を迎えていましたが、それを支えていた輸出企業の業績悪化、信用不安による中小企業の資金繰り悪化、景気低迷によるデフレの進行とグローバル経済の波に飲み込まれました。そのような中、2012年は世界主要国で政権交代の転換期を迎えた年でした。新政権誕生により様々な経済政策が打ち出され、景気回復基調となりましたが、それに伴う財政問題が新たに浮上しています。経済は1人の人間、1つの企業、1つの国ではとどまりません。相互に関連しあって経済が成立しているのです。さらに、国の政策は法律となって施行され、企業の経営活動や私たちの生活に影響を及ぼしますし、逆に企業や私たちの行動が国の政策を変えることもできるのです。経済学部では変動する社会環境の課題を分析するため、経済学・経営学・法学を駆使し、21世紀を支える人材の育成を目指します。 経済学部は、経済学科・経営学科・経済法学科の3学科から構成されています。そのため、経済学部でありながら経済・経営・法律の専門的知識を総合的に学習することができます。また、1教員あたり10人以下の学生数となるゼミナールをほぼ4年間に渡って実施していて、教員と様々な専門分野の問題について身近で議論を交わし合い、実践的な問題解決能力を身につけることができます。05010015020025030035059.1%(192人)40.9%(133人)54.0%(147人)46.0%(125人)55.3%(152人)44.7%(123人)58.7%(168人)41.3%(118人)1年生(計286人)2年生(計275人)3年生(計272人)4年生(計325人)学年別男女比率(平成30年度)■ 男 ■ 女

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る