佐賀大学 大学案内2019
37/122

教育学部芸術地域デザイン学部経済学部医学部理工学部農学部教育学部|小中連携教育コース035……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………学生が語る!小中連携教育コースの魅力NAME教育学部学校教育課程小中連携教育コース3年田中えみり長崎県海星高等学校出身◎小学校、中学校、高等学校などの教員をめざす◎1年次から学校現場に触れるフィールド演習科目あり◎義務教育期間全体を体系的に把握する力が身に付く◎児童生徒の心身の発達過程の理解も重視◎教科についての十分な知識と技能を修得できる教育を目指す人にとって魅力が詰まった学部私の合格体験記私が所属している教育学部では、小中学校、高校、特別支援学校の免許が取得可能なため、幅広い視点で教育について学ぶことができます。その中でも小中連携コースでは、小中学校の9年間の教育を体系的に学び、専攻科目である理科についても専門的でより深い知識を得ることができます。入学時点で校種が決まっていなかった私は、このカリキュラムのおかげで選択肢を広げることができました。また、1年生の段階からフィールド演習で学校現場に触れることができ、3年生の実習に向けて段階的に実践力をつけることができます。年に数回子どもたちとも触れ合えることは、大学での勉強への意欲向上にもつながっています。教師を目指す人にとって、魅力が詰まった学部だと思います!私は定期テストを大切にしていたことで、受験勉強のベースが作れたと思います。早い段階から、目の前にある課題を一つ一つこなすことが受験を乗り越えるための一つの秘訣だと思います。なにより、周りの友人や家族、先生と勉強や進路について話すことで、勉強の意欲を高めることができていたと思います。辛いことも沢山あると思いますが、周囲の人の支えを大事にして頑張ってください!SCHEDULE時間割のイメージTEACHER先生からのメッセージ小中連携教育コースでは、小学校と中学校・高等学校の各教科等の連携を柱として、幼・小・中・高の教育の一貫性について学び、小学校や中学校、高等学校の教員免許状等の取得を目指します。本コースの2専攻の内、初等教育主免専攻では小学校の各教科等を中心に、中等教育主免専攻では中学校の各教科を中心に高等学校の各教科も加えて学ぶことができます。そして、各教科等における教育目的、教科内容、教育方法、教授論、学習論、教材研究・開発、授業設計や授業研究・開発、教育課程、教育史・教材史、教育哲学、学習心理、ICT教育、教育関係法規など、多様な事項について知識や技能を修得し、教師としての資質と態度を形成します。特徴的な授業としては、各教科等の「小中連携教育学」などがあります。学びのポイント月火水木金1小学校英語活動日本国憲法物理の世界I生物学概論A2体育実技I大学入門科目現代の教育と社会3英語A情報基礎概論情報基礎演習I特別支援教育総論4小学体育I5小学声楽小学国語物理学概論A取得可能な免許・資格所定の単位を取得することにより、卒業時に資格が得られるもの■幼稚園教諭一種免許状、二種免許状■小学校教諭一種免許状、二種免許状■中学校教諭一種免許状、二種免許状(国語、社会、数学、理科、英語、音楽、保健体育、技術、家庭)■高等学校教諭一種免許状(国語、地理歴史、公民、数学、理科、英語、音楽、保健体育、書道、家庭)■特別支援学校教諭一種免許状、二種免許状想定される進路主な就職先●幼稚園教諭●小学校教諭●中学校教諭●高等学校教諭●特別支援学校教諭主な進学先●佐賀大学大学院学校教育学研究科(教職大学院)世波敏嗣教授

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る