佐賀大学 大学案内2019
27/122

佐賀大学の教育105.8点UP(573⇒678.8)受講者全体の平均点50点UP(553.5⇒603.7)全学統一英語能力テスト(TOEIC)の成績変化(3期生:平成27年度入学者調べ)成果ミニ留学経験者だけでみた場合の平均点ネイティブスピーカー教員が英語力を徹底指導 留学支援英語教育カリキュラム(ISAC:International Study Abroad Curriculum)とは、一定の英語力と留学への意欲がある学生を対象としたカリキュラムです。英語ネイティブスピーカー教員による授業の受講を通し、原則として3年間(医学部は1年間)で留学および国際交流に必要な英語能力と異文化交流に必要な知識を身につけるだけでなく、留学後も英語力および異文化交流力の維持・向上を目指すことを目的としています(ただし、留学を義務付けるものではありません)。定員は、1学年50名程度で、履修希望者を対象に選抜テストを行い全学部の学生から選抜します。■ネイティブスピーカーによる圧倒的な英語学習時間を確保■全学部学生からの選抜カリキュラム(入学後、ミニTOEFLによる選抜テストを実施)■ミニ留学を推奨(語学研修ではなく、自分の専門分野に近い講義を受けます)特徴留学支援英語教育カリキュラム授業科目及び単位数【医学部以外】科目区分分野授業科目単位数必修選択の別備考共通基礎科目英語A1必修4単位必修英語B1英語C1英語D1基本教養科目自然科学と技術の分野BreakthroughsintheModernAge2選択必修左記の基本教養科目から8単位選択必修(分野は問わない)各学部・学科の規定履修方法に従い、基本教養科目の他の授業科目も履修するTheNaturalWorld2SustainableSociety2文化の分野CriticalThinkingfortheModernAge2CulturalMetaphors2WesternCulture2ImmersionProgram2現代社会の分野CitizenshipEducation2IntroductiontoSociology2LifeintheGlobalWorld2インターフェース科目InterculturalCommunicationⅠ2必修8単位必修InterculturalCommunicationⅡ2InterculturalCommunicationⅢ2InterculturalCommunicationⅣ2【医学部】科目区分分野授業科目単位数必修選択の別備考共通基礎科目英語A1必修4単位必修英語B1英語C1英語D1基本教養科目自然科学と技術の分野TheNaturalWorld2必修4単位必修。学科の規定履修方法に従い、基本教養科目の他の授業科目も履修する文化の分野CulturalMetaphors2インターフェース科目InterculturalCommunicationⅠ2必修8単位必修InterculturalCommunicationⅡ2InterculturalCommunicationⅢ2InterculturalCommunicationⅣ2※学部の時間割及びカリキュラムの改変等により、留学生支援英語教育カリキュラムを受講できない場合があります。025

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る