佐賀大学 大学案内2019
26/122

TOEIC導入によって英語学習に取り組む学生が増加 学生に明確な学習目標を与えることで自律的持続的学習を促し、英語のできるグローバル人材の育成という社会からの要請にこたえるために、平成25年度より、全学生を対象とした英語能力試験(TOEIC-IP)を実施しています。 学生は、1年次(6月)と2年次(1月)において2回の受験が義務付けられており(受験料は大学が負担)、1回目のスコアは習熟度別クラス編成に利用し、2回目のスコアは、「英語」の授業成績に反映される仕組みとなっています(医学部においては、1年次に2回受験し、両方のスコアが授業の成績に反映されます)。 全学部学科の平均点は、ホームページで公表しています。 URL:http://www.sc.admin.saga-u.ac.jp/toeic.htmlTOEIC全員受験(全学統一英語能力テスト)TOEIC関連の参考図書の貸し出し数TOEIC関連の書籍の売り上げ(導入前)(導入後)2012年:1169冊2013年:6870冊2014年:8006冊2015年:7006冊(導入前)(導入後)2012年: 217冊約6.0倍に!!平均で22点のアップ約8.5倍に!!4003803904101回目2回目3884101回目よりもスコアが上がった人は、全体の約4割 佐賀大学では、平成25年度より入学者全員に2回のTOEICの受験を義務付け、英語学習の向上を図ってきました。その結果、多くの佐賀大生の英語力が向上!また、同じく平成25年度から始まった「留学支援英語教育カリキュラム」では、受講学生たちの英語力が飛躍的に伸びています。その実態を紹介しましょう。大学生協図書館ス コ ア2013年:1170冊2014年:1464冊2015年:1853冊伸びる! 佐賀大生の英語力024

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る