京都産業大学 大学案内2017
61/84

開講講座一覧グローバルに活躍する企業の即戦力になるセンスを活かす法律の基礎知識UP公務員をめざす※各講座の受講申込者数が最少開講人数を下回った場合は、開講しない場合があります。会計の専門家をめざす起業をめざす公務員講座行政書士講座中小企業診断士講座社会保険労務士講座不動産(宅建)講座公認会計士講座税理士講座旅行業講座貿易実務検定®講座TOEIC®講座簿記検定講座ファイナンシャル・プランナー(FP)講座証券外務員講座秘書技能検定講座ITパスポート講座基本情報技術者講座Microsoft® Office Specialist講座法職講座情報処理技術力UP講座名内 容憲法、民法、行政法、会社法といった法律の知識を学びます。純粋に独立開業のためだけでなく、公務員試験を考えている学生の基礎学習としても役立ちます。中小企業の経営の実態を調査・分析し、その結果をもとに経営者へ助言を行う、経営コンサルタントの唯一の国家資格である「中小企業診断士」の資格取得をめざします。労働基準法や雇用保険法、国民年金法といった法律の知識を集中的に学びます。各科目実力確認テストを実施し、習得度の確認を行い合格をめざします。不動産登記法、宅地建物取引業法などの専門知識を学びます。宅地建物取引士の試験合格に必要な知識を網羅し、直前期には問題演習で知識の復習と確認を行います。財務会計・管理会計に関する高度な知識をはじめ、監査論、企業法など多領域の学習も行います。答案作成練習を何度も繰り返すことで、試験合格に必要な能力を養います。簿記論、財務諸表論の会計科目と法人税法などの税法科目を学びます。税理士試験には5科目合格する必要があり、一度合格した科目は永久に免除となる試験制度が特徴です。都道府県庁や政令指定都市の市役所および国家一般職をめざす「地方上級・国家一般対策コース」「警察・消防をめざすコース」を開講。さらに、1年次対象に「基礎力養成コース」、2年次対象に「実力養成コース」を開講します。無料模試も実施します。国内外の旅行の企画、ツアーコンダクターなどを行う旅行関連の唯一の国家資格「総合旅行業務取扱管理者」の資格取得をめざします。マーケティング、商談、契約、代金決済など貿易に関する業務をはじめ、貿易英語や英語での書類作成技術についても広く学び、C級合格をめざします。TOEIC®のスコアアップを図りながら、英語力を身に付けます。約2ヵ月間かけて学習するコースと、夏期休暇を利用して約1週間で学習するコース、スマートフォンやタブレット端末にて学習できるコースがあります。単なる記帳技術だけでなく、企業が求める「費用・収益対応の原則」を利用・引用できる考察力をはじめ、高度な簿記知識を育み、3級、2級、1級の合格をめざします。年金、保険、税金などの最新情報や多様な金融商品の知識を学び、顧客のニーズに応じて資産運用計画を立てる力を育み、3級、2級の合格をめざします。金融機関などで投資信託や債券・株式などを販売する際に保有しておかなければならない「証券外務員」の資格取得をめざします。社会人に必要なビジネスマナー、的確な判断力や表現力、行動力、情報収集管理能力など仕事における基本的な能力を問う試験です。また準1級対策コースでは、面接シミュレーションも実施し、合格をめざします。情報技術の知識を活用し付加価値を生み出す視点や、ネットワーク社会において安全に活動するための基礎知識、企業のコンプライアンス向上に資するための基礎知識を有した、「ITパスポート」の資格取得をめざします。情報システムの開発・運用・利用に関する広範な基礎知識を評価する「基本情報技術者」の資格取得をめざします。「Word、Excel(4月・10月開講)」の4コースを設け、ソフトウェアを自在に活用できる操作能力の向上をめざします。色の知識はファッション、インテリア、商品開発や広告のデザインなど数えきれないほどさまざまな業界で必要とされています。理論的に色彩を学び、文部科学省後援の「色彩検定試験」合格をめざします。若手弁護士を中心にした講師陣が、六法の使い方、判例や教科書の読み方といった法律学習の基礎から、事例問題の解き方や考え方まで実務経験をふまえて教え、各種資格をめざすための実力を養成する実践的な講座です。色彩検定®(カラーコーディネーター養成)講座KYOTO SANGYO UNIVERSITY 60

元のページ 

page 61

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です