京都産業大学 大学案内2017
55/84

KYOTO SANGYO UNIVERSITY 544ヵ月の長期有給インターンシップを核とする、2年次~4年次の3年間一貫型の「コーオプ教育プログラム」。学部の専門性を活かしつつ、自分の個性を大切にしながら、社会に出てからどういう状況にあってもミッションを任せられる“能力”と“志”を持った人材の育成をめざします。国内で最も先進的なキャリア教育!4ヵ月に及ぶ「長期有給インターンシップ」科目むすびわざコーオププログラム※経済・経営・法学部生のみ履修可PBL(Project Based Learning)とは、与えられた課題に対して、チームでプロジェクトを進行し、課題解決に取り組む実践型教育です。本学のO/OCF-PBLでは、企業や行政機関から与えられた課題解決に向け半年間にわたり、チームで活動します。教員や他の受講生はもちろんのこと、課題を提供していただく企業や行政機関の方々ともチームで連携し、プロジェクト遂行能力や課題を解決する力を身に付けます。授業での取り組みは新聞でも多数取り上げられ、注目を集めています。「大学生活をどう過ごすか」「将来何がしたいのか」を先輩や仲間とともに考える授業です。グループワークを中心とした授業の中で、自分が望む将来像を描き、それに向けた学生生活の目標を見つけ出します。毎年2,000人以上の新入生が受講し、学部を超えて、交流する機会にもなります。授業には、先輩学生や卒業生も参加し、新入生の学習をサポートします。実社会に挑む!実社会の課題に挑戦する、課題解決型実践科目O/OCF-PBL(オーシフピービーエル)1年次生2,000人以上が受講!新しい仲間とキャリアを描く、大学生活のスタートアップ科目自己発見と大学生活●カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社●株式会社京都パープルサンガ●株式会社ファーストリテイリング●株式会社堀場製作所●国立ウタラマレーシア大学 ほか●京阪電気鉄道株式会社●株式会社ワコール●株式会社JTB西日本 ほか2016年度課題提供機関(予定)2016年度実習機関(予定)2年次3年次4年次1年次2年次3年次1年次Pick upPick upPick up(順不同)(順不同)大学内の授業で社会人として通用するスキルを身に付けます課題解決案としてチームで企画したイベントを運営する「自己発見と大学生活」授業の様子

元のページ 

page 55

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です