京都産業大学 大学案内2017
48/84

47 KYOTO SANGYO UNIVERSITY融合教育(フレキシブルカリキュラム)学部融合プログラム8言語に対応したカリキュラムで、体系的・段階的に専門知識を身に付け、国内外で活躍する語学のスペシャリストをめざします。所定の単位を修得した学生にはプログラム修了証※を発行します。プログラム以外でも、他学部の専門教育科目を履修することができます。自らの専門領域と合わせて、他の分野の専門を学ぶことで学問の視野を広げ、幅広い知識と多面的な視点で考える力を身に付けることができます。ハイレベルな語学運用能力を磨くテーマプログラムテーマプログラム他学部の専門教育科目も履修可能他学部の専門教育科目複数の学部にわたる専門知識を幅広く修得します。単位修得者にはプログラム修了証※を発行します。現代社会が抱える複雑な問題を解決するスペシャリストを養成するプログラム※プログラム修了証は、京都産業大学が独自に発行するものです。資格取得には、国家試験などの受験が必要です。ドイツ語フランス語中国語スペイン語インドネシア語イタリア語ロシア語韓国朝鮮語司法通訳人(民間通訳者)や外国語に堪能な警察官(部内通訳人)をめざします。外国語と刑事司法を学び、通訳・翻訳のスキルを修得します。外国人刑事司法の最前線を支える司法外国語(中国語・韓国語)国家資格である社会保険労務士、国家公務員である労働基準監督官、企業の人事・総務部門、人材育成や人材派遣などの業界をめざす人に有用です。人事業務を扱うエキスパートをめざす人事・労務知的財産の権利を保護するニーズに応えるプログラムです。特許庁への出願・登録事務を担う専門家「弁理士」の資格取得をめざします。知的財産権に関する専門知識を修得知財エキスパート外国語の運用能力と外国人政策・外国人法に関する専門知識を学びます。地方公務員をはじめ、多文化共生の地域づくりに貢献したい人に有用です。定住外国人との共生に貢献できる人材の育成多文化共生の地域づくり(中国語・韓国語)公認会計士や税理士、あるいは税務署の専門職員である国税専門官などをめざす人に有用なプログラムです。会計・税務領域のスペシャリストを養成会計・税務一拠点総合大学の強みを活かした学部の枠を超えた学び一拠点総合大学である京都産業大学では、学部の枠を超えて他の分野の専門教育を履修することで、学びを広げることができます。本学独自のカリキュラムとして、複数の学問分野の知識を組み合わせて専門性を深めることができる「学部融合プログラム」と、専門知識を身に付け、明確な目標の達成をめざす「テーマプログラム」の2種類のプログラムを展開しています。また、本学では、融合教育を学ぶための入門的な科目として「複眼的思考・融合教育入門」を開講しています。この科目は、社会のさまざまな分野で活躍されている著名人や本学の種々の分野の教員により、講義・実習を通じて、複眼的思考、柔軟な適応能力、実践的な課題解決能力などを養うことができます。

元のページ 

page 48

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です