京都産業大学 大学案内2017
43/84

Pick up!KYOTO SANGYO UNIVERSITY 42海外からの留学生が大学生活に慣れ、充実した学生生活を送れるように、日本人学生が留学生のサポートをすることを目的とした「バディ制度」があります。自分たちで留学生との交流イベントを企画することもできます。バディ制度留学生寮である国際交流会館(I-House)で、日本人学生は留学生と一緒に生活しながら異文化への理解を深めることができます。アシスタントはI-Houseで、留学生が日本文化を体験するさまざまな企画を実施します。I-Houseアシスタント「私の異文化体験」「私の留学生活」「私の学生生活」などをテーマに、日頃から感じていること、大学で学んだことを母語以外の言語で発表します。オーディエンスに熱く語れる絶好のチャンスです。スピーチコンテスト京都産業大学で学んでいる留学生と一緒に、日本の歴史・文化・宗教・法律・ビジネスなどを英語で学ぶ科目です。さまざまな国の留学生とのディスカッションにより、語学力や異文化理解力も高めることができます。GJP(グローバル・ジャパン・プログラム)科目海外への理解を深めるために、春休み・夏休みを利用したプログラムを用意語学の運用能力を高めることを目的として、春休みや夏休みの期間に提携先の交流協定校で短期間に集中して学習する短期留学を実施しています。留学先で修得した単位は、卒業単位として認定されます。2015年度は92人が短期語学実習に参加しました。そのほか、学部独自の海外研修プログラムも提供しています。春季短期語学実習先(2015年度募集実績)夏季短期語学実習先(2015年度募集実績)京都産業大学では、本格的に留学をめざす前に、さまざまな国際交流制度やプログラムに参加できます。多くの留学生と話し、意見を交え、海外の知識や実情、社会背景などを学びながらお互いの距離を縮める交流の機会を設けています。キャンパス内でできる国際交流日本人学生と留学生が互いに母語を教え合うプログラムです。国際交流センター事務室の掲示板でパートナーを募集します。ランゲージ・エクスチェンジプログラム国内外で活躍できる人材の育成を建学の精神に謳う本学は、グローバルな学びを積極的に推進しています。グローバル人材には「国際対話能力」「豊かな教養」「確かな専門性」が求められます。本学では、この3つの資質を体系的に修得できるように、GETと呼ばれるグローバルな教育プログラムを用意しています。Webサイト「WebサイトGETGET」に注目」に注http://www.kyoto-su.ac.jp/kokusai/get/http://www.kyoto-su.ac.jニュージーランド:オーストラリア:マセイ大学タスマニア大学マッコーリー大学アメリカ:イギリス:カナダ:イタリア:サンディエゴ州立大学リーズ大学トンプソンリバーズ大学シエナ外国人大学タイ:ロシア:台湾:チェンマイ大学国立プーシキン記念ロシア語大学国立台北教育大学スペイン:中国:韓国:サラマンカ大学蘇州大学梨花女子大学タイ第2の都市チェンマイで行われるこのプログラムは、現地での英語授業はすべて英語ネイティブ教員が行うため、授業レベルは英語圏と同じです。また、タイ文化や伝統・芸術を体験できるアクティビティ、現地学生との交流、そして、現地の日系企業などを訪問するサイトビジットが含まれています。特にサイトビジットは、海外での仕事をリアルにイメージできる絶好の機会です。グローバルに活躍する企業を体感することで、将来の目標・ビジョンが養えます。実践グローバル短期留学@タイ・チェンマイタイで英語を学ぶ!短期留学プログラム

元のページ 

page 43

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です