京都産業大学 大学案内2017
36/84

専門性をより深めた学びを提供大学院Graduate School※2017年4月新設(設置申請中:内容は予定であり、変更が生じる場合があります。)35 KYOTO SANGYO UNIVERSITY学部の学びを経て、より高度な学習の継続や、研究者・専門家としての道に興味を抱いた場合は、大学院への進学も選択肢の一つです。京都産業大学の大学院には、7つの研究科と経済学研究科(通信教育課程)があり、いずれも最先端の研究を展開しています。また、企業や自治体などと連携したプロジェクトにも力を注いでいます。経済学部経営学部法学部現代社会学部※外国語学部文化学部理学部コンピュータ理工学部総合生命科学部経済学研究科経済学専攻マネジメント研究科マネジメント専攻法学研究科法律学専攻・法政策学専攻外国語学研究科英米語学専攻・中国語学専攻・言語学専攻経済学研究科経済学専攻マネジメント研究科マネジメント専攻法学研究科法律学専攻・法政策学専攻理学研究科数学専攻・物理学専攻先端情報学研究科先端情報学専攻生命科学研究科生命科学専攻● 論理的思考力● 実践的学力 ● 幅広い教育基礎学力の育成学部2年1年2年1年3年博士後期課程● 研究者として自立した研究活動● 高度の研究能力 ● 豊かな学識専門的研究能力の育成大  学大 学 院理学研究科数学専攻・物理学専攻先端情報学研究科先端情報学専攻大学院のポイント大学院生が学部生の実験・演習などに加わり教育補助業務を行う「ティーチング・アシスタント(TA)制度」を設けています。この制度を通じて、教育研究の指導者となるための学習機会を得ることができます。研究者としての能力開発はもちろん、教育者としての学習機会を提供3専門研究にいち早く取り組めるよう、学部3年次終了後に大学院に進学できる飛び級制度を導入。また、学内推薦制度を取り入れていて、成績優秀で高い学習意欲を持つ学生の進学をサポートします。飛び級制度、学内推薦制度を導入し、学習意欲の高い学生の進学を支援1大学院生の進路支援は、研究指導教員からのアドバイスのほか、外部専門家による就職対策講座、英会話セミナーなど、充実した進路支援を行っています。セミナーやワークショップなど大学院生を対象とした進路支援を実施4経済的支援を希望する学生や研究活動を奨励するため、京都産業大学独自の給付奨学金や学費減免制度を設けています。そのほか、日本学生支援機構の奨学金や貸与奨学金を利用することもできます。独自の奨学金や学費減免制度を設け、経済面から大学院生をサポート2博士前期課程・修士課程● 広い視野に立った精深な学識● 研究能力 ● 高度の専門性課題探究能力の育成経済学研究科(通信教育課程)経済学専攻生命科学研究科生命科学専攻■ 経済学研究科 ■ マネジメント研究科 ■ 法学研究科 ■ 理学研究科 ■ 先端情報学研究科 ■ 生命科学研究科 2年1年3年4年飛び級制度

元のページ 

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です