京都産業大学 大学案内2017
35/84

不二製油/ポオトデリカトオカツ/自重堂/ゼリア新薬工業/日本新薬/Meiji Seikaファルマ/興和/エバルス/ヤンマーアグリジャパン/共和薬品工業/コメリ/丸三証券/日本赤十字社/ワタキューセイモア/アース環境サービス/京都府警察本部/滋賀県警察本部■主な就職先一覧■取得可能な資格●中学校教諭一種免許状(理科) ●高等学校教諭一種免許状(理科)●実験動物1級技術者(動物生命医科学科) ●ペット栄養管理士(動物生命医科学科) など生命システム学科動物生命医科学科最先端の研究に触れる「バイオフォーラム」開催生命活動のさまざまな現象を分子レベルから明らかにします。遺伝子や細胞、タンパク質などの機能を探るミクロの視点と、それらが組織や個体として制御・構築されるメカニズムを考えるマクロの視点。2つの視点から複雑な生命活動を解明し、生命の発生や病気の原因、神経、免疫、再生といった最先端の研究テーマに取り組みます。生命科学の分野で活躍されている研究者を外部から招き、最新の研究成果を一般の方にもわかりやすく解説していただく公開セミナーを年間約10回開催。最先端の基礎研究から生活に密着した応用研究まで幅広いテーマを取り上げ、過去にはノーベル賞受賞者も講演に来られたことがあります。生命資源環境学科環境問題は、21世紀に人類が取り組むべき最重要テーマ。環境破壊や食料不足などの地球規模の課題に、生物学の観点から取り組みます。動・植物の品種改良、植物の有用機能、生物の多様性、生物資源の有効成分の4つを柱として、遺伝子レベルから生態学まで幅広く探究し、人類の健康や地球環境の保全に役立てる方法を探ります。動物の遺伝子から個体レベルまでの生命医学的な教育を通して、動物のさまざまな個体の特性を学びます。また、実験動物1級技術者の資格取得にも対応。さらに鳥インフルエンザ研究センターをはじめ、世界最高レベルの研究に触れながら、細菌・ウイルスの感染防御・免疫システムなど基礎医学的な知識や技術も身に付けます。総合生命科学部の体系TOPICS充実した研究施設狭き門に優秀な成績で合格「実験動物1級技術者資格」取得動物生命医科学科では、所定の単位を修得することにより実験動物1級技術者試験の受験資格を取得可能。この試験は大学生の合格率が約15%という狭き門でありながら、2015年度は本学科から16人が合格。さらに合格者の1位から3位を本学科の学生が占め、日本実験動物協会から成績優秀者として表彰を受けました。探究心を加速させる充実した研究施設がそろっています。最新の機器が備えつけられている実験室や実習室、さらに動物実験施設や温室もあり、教員や学生の教育研究に大いに役立っています。総合生命科学部の詳細は、学部パンフレットをCheck!遺伝子や細胞から、生命システムを解明する動・植物の能力を探り、地球環境と人類に活かすミクロからマクロまで動物をまるごと科学する96.6%■就職率 (就職者数/就職希望者数)(56人/58人)P.81へ就職実績(2014年度)学生実習室培養室動物実験施設温室KYOTO SANGYO UNIVERSITY 34

元のページ 

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です