京都産業大学 大学案内2017
34/84

生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生命命命命命命命命命命命命命現現現現現現現現現現現現現現現現象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象象ををををををををををををををををををををををトトトトトトトトトトーーーーーーーーーータタタタタタタタルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルにににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学びびびびびびびびびびびびびびびび、、、、、最最最最最最最最最最最最最最最先先先先先先先先先先先先先先先先先先端端端端端端端端端端端端端端端端のののののののののののののののののののののののののののの生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生命命命命命命命命命命命命命命命命命命命命命科科科科科科科科科科科科科科科科科科科科学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学学のののののののののののののののののののののののののののののののの世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世世界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界界へへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへ。。。。。。。。。総合生命科学部の学び総合生命科学部では、分子・細胞レベルでの生命の活動、動物や植物の生態、さらには微生物などが関連する感染症など、さまざまな生命現象を3つの学科を通じて統合的に探究できます。遺伝子組み換え技術による有用植物の作出、タンパク質の合成・分解過程の解明、インフルエンザウイルスなどの研究が大きな成果を上げており、疾病の原因の解明や地球レベルの問題解決をめざしています。学びの4つのポイント生命科学分野の最前線で活躍する、研究実績豊富な教員が指導にあたります。高度な研究力に裏づけられた迫力のある教育を行います。研究実績のある教員が指導教員1名に対して学生数は3~4名。教員に加えて、若い研究者も多く、学生一人ひとりと向き合った教育を実現しています。徹底した少人数教育を実現1・2年次から化学、生物学の演習や実験・実習が充実。さらに、3年次以降の実践的な研究につなげる段階的なカリキュラムを設けています。実験・実習科目を豊富に設置国際的な研究を行うには、英語による情報交換が不可欠。グローバルに活躍する理系人材育成のための英語教育を実施します。グローバル人材育成に向けた英語教育総合生命科学部生命システム学科生命資源環境学科動物生命医科学科Faculty of Life Sciences33 KYOTO SANGYO UNIVERSITY

元のページ 

page 34

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です