京都産業大学 大学案内2017
28/84

日本と世界からグローバルに文化を学び、実社会に活かす。文化学部の学び世界的に注目されている日本文化や、世界の歴史、思想、文学や芸術を通して、グローバルに社会を考察します。それにより、豊かな文化教養とともに、複雑化する社会で活躍するための柔軟な適応力や問題解決力を養います。2015年より京都文化学科を新設、さらに国際文化学科を再編。机上だけの文化学ではなく、地域や社会に出て学ぶプログラムを設け、実社会に活きる文化学を提供します。学びの4つのポイント地域社会に出てアクティブに学び、生きた教材の中から、自ら問題を発見し、その解決策を探究。グローバル社会で必須の行動力や実践力も養います。実社会とのつながりを重視伝統行事に参加するなど、京都の地の利を活かした体験型演習科目が充実。京都の和食やものづくりの第一線で活躍する講師を招く講義もあります。京都を舞台とした体験型学習が充実世界の文化を学ぶための基礎を育む基幹科目から、専門領域を学ぶ発展科目へと、無理なく移行できる段階的なカリキュラムを編成しています。基礎から専門領域への段階的な学び京都文化学科は1年次秋学期から、国際文化学科は2年次からコースを選択し、専門的な学びをより深めていきます。少人数で行う演習科目も設け、教授陣がきめ細かにバックアップします。入学後にコース選択、専門領域を深める文化学部京都文化学科国際文化学科Faculty of Cultural Studies27 KYOTO SANGYO UNIVERSITY

元のページ 

page 28

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です