京都産業大学 大学案内2017
26/84

ヨーロッパの多言語・多文化に触れる翻訳・通訳の世界で活躍する教員や客室乗務経験のある教員による講義なども行い、英語で勝負できるエキスパートをめざし、徹底的に英語運用能力を鍛えます。卒業に必要な単位のほとんどを、英語の授業で修得できるのも大きな特徴です。確かな英語運用能力をベースとして、幅広くグローバル社会で活躍できる人材の育成をめざします。「読む」「書く」「話す」「聞く」というすべての領域について基礎から段階的にステップアップできる英語カリキュラムを用意しています。ユーロ圏で最も多くの人々が使用するドイツ語。コミュニケーションに重点を置いた授業を通じて、ネイティブスピーカー教員と日本人教員の連携により、語学力をしっかりと固め、歴史、文化、思想などについても深く学びます。フランス語は、グルメやファッションと関わりが深いだけでなく、国連の公用語でもあります。フランスとフランス語圏の国々に関する理解を深めながら、国際社会で通用するコミュニケーション力を身に付けます。20を超える国々の公用語であるスペイン語。その歴史や文化、スペイン語圏の人の心に触れる学びを大切にしています。また、スポーツや映画などの身近にある題材の授業を多数開講し、スペイン語の実践的な運用能力を磨きます。イタリアは文化の宝庫であり、地域ごとに独自の文化を育んでいるのも特徴です。イタリア語を学ぶことを通して多種多様なイタリアの魅力に迫るとともに、実社会で役に立つスキルの修得をめざします。100を超える言語と多様な文化が共存する多民族国家ロシア。会話、作文、講読、文法など、ロシア語の総合的な力を段階的に養成。さらに、ロシアの歴史や社会、文化、豊かな思想に触れ、国際的な視野を広げます。ヨーロッパ言語学科の専攻語の中から1言語を選択して学習。語学力を磨きながら、メディアの役割や問題点などを考え、映像や音響などのメディア制作も行います。世界へ情報発信できる実践的なスキルを養います。外国語学部の体系世界で通用する高度な英語力を養う英語専攻イングリッシュ・キャリア専攻ドイツ語専攻フランス語専攻スペイン語専攻イタリア語専攻ロシア語専攻メディア・コミュニケーション専攻25 KYOTO SANGYO UNIVERSITY英語学科ヨーロッパ言語学科

元のページ 

page 26

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です