京都産業大学 大学案内2017
22/84

現代社会学部の学び本学部の目標は、これまでの常識・成功モデルなど「アタリマエ」だと思っていた世界から飛び出し、視点を変えて社会の新たなしくみや価値を創造することです。ユニークな演習や次世代のリーダーをめざすリーダーシップ教育で、学生が在学中から現代社会の抱えるリアルな課題の解決に挑み、目標を実現します。学びの4つのポイント社会学の基礎を確実に修得できるよう少人数のゼミナールによって手厚くサポートします。また現代社会の諸問題や事例をリアルに学び、社会学への関心を高めます。初年次に充実した導入教育専門教育の中にキャリア教育を組み込み、専門性と関連した就業力を高めます。社会で活躍するリーダーから事例を学ぶリーダーシップ教育も実施します。次世代のリーダーをめざすリーダーシップ教育現代社会学科では、2年次に3つのコースに分かれ、専門性を深めていくことができます。健康スポーツ社会学科では2つの専門分野を意識しながら学ぶことができます。また、他学科の専門分野も自由に選択できます。専門性と複眼的視野を獲得する専門教育課程本学部の演習は体験重視。社会のリアルな課題解決に取り組みます。学科内の演習と学科横断型の「プロジェクト演習」がありますが、プロジェクト演習は、学科を超えて国内外の課題を解決するという特徴があります。「課題解決型」のユニークな演習現代社会学部現代社会学科健康スポーツ社会学科Faculty of Social Sciences21KYOTO SANGYO UNIVERSITY2017年4月誕生(設置申請中:内容は予定であり、変更が生じる場合があります。)視点を 変えれば、世界は 変わる。

元のページ 

page 22

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です