京都産業大学 大学案内2017
21/84

ジャパンパイル/日比谷総合設備/大和ハウス工業/東急リバブル/エースコック/ブルボン/山崎製パン/六甲バター/川島織物セルコン/資生堂/ツムラ/ノエビア/久光製薬/豊田合成/東洋ガラス/日鉄住金鋼板/サンコール/スズキ/タイガー魔法瓶/大阪ガス/近畿日本鉄道/JR東海/日本梱包運輸倉庫/ヤマト運輸/稲畑産業/日本アクセス/平和堂/南都銀行/北國銀行/京都信用金庫/SMBC日興証券/明治安田生命保険/損害保険ジャパン日本興亜/農協観光/船井総合研究所/ミキハウス/刑務官/国家公務員一般職(財務省財務局・法務省)/防衛省自衛隊/京都市役所/京都府警察本部/警視庁■主な就職先一覧■取得可能な資格●司法書士 ●行政書士 ●社会保険労務士 ●弁理士 ●税理士●中学校教諭一種免許状(社会) ●高等学校教諭一種免許状(地理歴史、公民) など法律学科企業との連携による実践的な学び「グローカル人材PBL」どんな社会にも、紛争(もめごと)はつきものです。紛争の解決には、社会で正当とされるルールを公正な手続きで適用して、理にかなった解決案を考えられる人材が不可欠です。法律学科は、ルールにしたがった説得力のある論理を構成することによって、紛争の解決や予防ができる人材を育成します。このような人材は、公正なルールに基づいて関係者の相反する意見や利害を調整しながら組織での意思決定や管理運営をすることにも長けており、公的機関でも民間企業でも、幅広く必要とされています。「グローカル人材PBL」は、チームで課題解決に取り組む実践的な科目であり、大学での学びとフィールド・ワークで構成されています。企業とのコーディネートや授業の進行については、NPO法人グローカル人材開発センターが支援します。この科目では、専門知識の学習も重視しており、実践に基づいた深い学びができます。また、政策学的なアプローチを通して、チームワーク、コミュニケーション、リーダーシップの力など、社会が求めるスキルを身に付けることもできます。法政策学科■法政策学科 履修プログラム法政策学科では、安全で安心して暮らせる豊かな社会を実現するために、法学と政治学の知識をどう活かすべきかを学びます。現在の社会のしくみやルールのどこに問題があり、それをどう変えると現状が改善されるのかを見つけ、その解決策をどのように実行するか考えます。法学や政治学をベースとした政策学を学ぶことによって、問題発見力、論理的思考力、企画立案力さらには情報発信力を磨くことができます。このような能力を備えた社会のさまざまな分野で貢献できる人材を育成します。法学部の体系TOPICS現場に赴き、課題解決策を考える「リサーチ科目」法政策学科では、実務の現場を訪問・調査し、そこでの課題や発見を通して学ぶ「フィールド・リサーチ」「総合政策リサーチ」を設けています。例えば「行政プログラム」では、「京都市の景観政策」をテーマに事前調査やフィールド・ワークに取り組みました。実際に地域に赴き、現場の人々から話を聞き、現実の課題と向き合ってグループでの解決をめざすことで、座学では味わえないアクティブな学びを体験。現場で問題点を発見し、解決策を考えることにより、政策思考力を高めます。法学部の詳細は、学部パンフレットをCheck!法学と政治学を幅広く学び、紛争解決能力を養成する現代社会が直面する社会問題を法学や政治学を活かして解決する方策を考える96.9%■就職率 (就職者数/就職希望者数)(499人/515人)公共政策行 政社会政策安全保障社会安全■法律学科 履修プログラム司 法行 政国際ビジネス法法政歴史企業関係法P.81へ就職実績(2014年度)※「グローカル」:グローバルとローカルをかけ合わせた造語※「PBL」:課題解決型学習(Project Based Learning)KYOTO SANGYO UNIVERSITY 20

元のページ 

page 21

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です