京都産業大学 大学案内2017
16/84

世世の中中のしくくくくくくくみを知り、社社社社会会会会会をを洞察察察察する力をを養養養養養養ううううううう。。。。。。。。。経済学部の学び経済学は、生産・消費・売買など、経済活動に関わるあらゆることが研究テーマとなる学問です。国際経済や国際貿易、金融、環境問題やエネルギー問題、少子高齢化社会など多様な現代社会の問題について学ぶことができます。それによって身に付くのは、社会を洞察する力です。世の中のしくみを知り、グローバルな舞台でも活躍できる経済人の育成をめざします。学びの4つのポイント「テーマは経済、言語は英語」の教材や授業を導入。英語によるプレゼンテーションの授業や海外研修なども行い、経済を英語で理解し、議論できる力を養います。経済を英語で学び、グローバル人材に1学年平均15人の少人数制のゼミを展開。ゼミ対抗のディベート大会に加え、海外の大学との交流や留学生とともに学ぶプログラムを実施しています。少人数制のゼミ活動、国際的なプログラムビジネスなど各界の第一線で活躍する専門家を講師として招きながら、時代が求める知識を提供し、多様な視点や価値観を養います。各界の講師を招き社会のニーズを掴む専門知識を深めるコース制カリキュラムを採用。1年次にしっかり経済学の基礎を固め、2年次から各自の興味を深めるシステムになっています。興味に合わせて、2年次からコース選択経済学部経済学科Faculty of Economics15 KYOTO SANGYO UNIVERSITY

元のページ 

page 16

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です