京都産業大学 大学案内2017
14/84

文系・理系9学部23学科が集う、一拠点総合大学学学部INDEX学部学科・専攻学部公式Webサイトをチェックしよう学びの特徴学部データ経済学部経営学部法学部現代社会学部※P.19P.17P.15法律学科法政策学科経営学科ソーシャル・マネジメント学科会計ファイナンス学科経済学科現代社会学科健康スポーツ社会学科P.21社会問題の解決方法を考察し、社会を見通す力を身に付ける経済学では、人間の選択とその選択が社会に与える影響を分析し、社会問題の解決方法を考察します。少子高齢化、若年層の失業、都市への人口や企業の集積、企業活動・金融市場の国際化、金融危機という社会現象は、すべて人間の選択の結果として発生しています。経済学部では、こうした社会現象を分析する方法を学び、社会に出てからも活かし続けられる“社会を見通す力”を身に付けます。理論と実践の両面を磨き、実用的な力を身に付ける企業経営、マーケティング、会計をはじめとする伝統的な経営学のテーマが学べ、マネジメントに関する幅広い知識を得ることができます。戦略・組織やマーケティングを学ぶ「経営学科」、企業と社会の関わりを学ぶ「ソーシャル・マネジメント学科」、会計や金融を学ぶ「会計ファイナンス学科」の3学科で構成しています。法学・政治学・政策学を実社会に直結した講義や課題解決型学習(PBL)を通して学ぶ法学ではルールを使った紛争の解決方法を学び、政治学では紛争の発生・展開やその解決のための意思決定のメカニズムを学び、政策学では法学や政治学の考え方や知識を活かして社会問題の解決策を考えます。法学・政治学の伝統的な理論教育を通じて紛争解決力を養成する「法律学科」と、安全で安心して暮らせる豊かな社会を実現するために必要な問題発見や企画立案の力を身に付ける「法政策学科」の2学科で構成しています。社会が抱えるリアルな課題の解決に挑み、新たなしくみや価値を創造する次世代のリーダーを育成地域社会学・人間社会学・メディア社会学の3つの専門分野からなる「現代社会学科」、健康マネジメント、スポーツトレーニング分野を学べる「健康スポーツ社会学科」の2学科を設置。専門教育課程にリーダーシップ科目を置き、専門性と関連する就業力やリーダーシップ力を養います。国内外のフィールドでの体験による学びを重視。演習では学生自らが課題を発見し、解決するプログラムを提供。在学中から社会を変え新たなしくみや価値を創造できる力を育てます。※2017年4月新設 (設置申請中:内容は予定であり、変更が生じる場合があります。)●卒業者数/627人●就職率/97.8%●大学院進学者数/4人(2014年度実績)●卒業者数/640人●就職率/98.0%●大学院進学者数/5人●卒業者数/629人●就職率/96.9%●大学院進学者数/9人NEW※就職率とは、就職者数/就職希望者数13 KYOTO SANGYO UNIVERSITY

元のページ 

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です