京都市立芸術大学 大学案内2018
77/124

75担当教員教授教授山田陽一津﨑 実教授講師柿沼敏江池上 健一郎音楽学部 音楽学科 音楽学専攻専門/西洋音楽史・現代音楽論カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。Ph.D.取得。2001年より本学教員。現代音楽だけでなく様々な音楽を比較しながら,つねに音楽の原点に立ち帰りつつ,研究を続けている。著書「アメリカ実験音楽は民族音楽だった」(2005)。ミュージック・ペン・クラブ賞(2011)。専門/民族音楽学・音響人類学大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。学術博士。2001年より本学教員。音と身体の響きあいをテーマにした「音響身体論」を展開している。編著「音楽する身体─〈わたし〉へと広がる響き」(2008)。田邊尚雄賞(1998)。小泉文夫音楽賞(2004)。専門/音響学・音楽心理学1982年東京大学大学院人文科学研究科心理学専門課程修士課程修了,2004年より本学教員。ATR人間情報通信研究所在籍中(1995-1996)には英国ケンブリッジのMRC応用心理学ユニットの客員研究員として滞在。大学時代より一貫して聴覚に関する研究を手がけている。専門/西洋音楽史・音楽学慶應義塾大学で日本史学(学士),音楽学(修士)を学んだ後,ヴュルツブルク大学で博士号取得。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生(2007-2010)。慶應義塾大学,横浜市立大学,神奈川県立保健福祉大学非常勤講師を経て,2016年より本学教員。ハイドンとブルックナーを中心とする18-19世紀のドイツ器楽が専門。西洋音楽における自然表現とその変遷にも関心を寄せる。

元のページ  ../index.html#77

このブックを見る