京都市立芸術大学 大学案内2018
75/124

73非常勤講師担当教員このほか,定期演奏会の演奏曲目として声楽作品が取り上げられた場合には,ソリスト(オーディションによる)や合唱として参加します。大学院オペラ公演や4年次のオペラ試演会の際には,助演,合唱として参加するほか,舞台の照明や衣装,大道具,小道具の準備などに関わります。これらには全学年の声楽専攻全員が制作スタッフとしても関わり,歌手の養成だけでなく舞台の裏表の仕組みをはっきり認識・体験しながら舞台を作り上げていく経験となります。 相可佐代子/日下部祐子/清水徹太郎/萩原次己/福原寿美枝/松本薫平/峯島望美/山本真由美音楽学部 音楽学科 声楽専攻教授小濱妙美准教授准教授准教授講師北村敏則日紫喜惠美久保和範上野洋子専門/声楽(バリトン)1991年東京藝術大学大学院修士課程修了。文化庁オペラ研修所修了。文化庁芸術家在外派遣員としてニューヨークに留学。第6回奏楽堂日本歌曲コンクール1位。東京二期会,新国立劇場において多くの公演に出演。国内主要オーケストラにソリストとして客演。NHK等放送にも多数出演。2016年から本学教員。専門/声楽(ソプラノ)京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。ウィーン国立音楽大学卒業。ウィーン国立オペラ座専属合唱団に9年間所属。ザルツブルク音楽祭「魔弾の射手」花嫁付添いの乙女の一人などに出演,2010年帰国。ソロリサイタル6回。学校公演,音楽療法的公演に力を入れる。専門/声楽(ソプラノ)1984年東京藝術大学大学院修士課程修了。2011年より本学教員。チューリッヒ音楽大学に留学。文化庁芸術家在外派遣員としてミラノに留学。パヴァロッティ・チャイコフスキーコンクールやジローオペラ賞等多数受賞。ドイツ・ニーダーザクセン州立ブラウンシュヴァイク劇場専属歌手。新国立劇場開場記念「ローエングリン」等国内外オペラやコンサートに主演。日本音楽コンクール等審査員。専門/声楽(テノール)京都市立芸術大学大学院修士課程修了。1990〜91年ウィーン留学。1997年より本学教員。国内外でのリサイタル,オペラ公演参加をはじめ日本各地での演奏会にソリストとして多数出演。J.S.G.国際歌曲コンクール第1位(1988)。ボルツァーノ歌曲コンクール第1位(1990)。青山音楽賞(1992)。京都市芸術新人賞 (1995)。専門/声楽(ソプラノ)京都市立芸術大学大学院修士課程修了。モーツァルテウム,ミュンヘン国立音楽大学に留学。2011年より本学教員。日本モーツァルト音楽コンクール1位,日本音楽コンクール2位,ベルギー国際コンクール2位,バルセロナ国際コンクールソプラノ賞等受賞多数。国内外の演奏会,オペラに主演。

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る