京都市立芸術大学 大学案内2018
62/124

60演奏会は月1回以上! 場数の多さが自信に繋がる。京都芸大から 音楽家が生まれる理由みんなが仲間で,みんながライバル。音楽学部は一学年の定員が65人。自分の専攻の同級生や教員はもちろん,先輩や後輩,そして他専攻の学生や教員,全員と知り合えるぐらい少人数なのです。その少人数制が,日々の練習や授業を共にし,オーケストラなどの演奏を作り上げていく仲間としての学生同士のつながりを強め,時にはコンクールに挑戦するライバルとして,しのぎを削り,刺激し合える状況を作り出すことができるのです。新入生にとって,学部や修士課程の先輩の練習や研究に触れる機会が多いのも,この人数規模だからこそ。音楽家や研究者へと成長していく上で,技術を磨いたり,研究課題に向かう時間だけでなく,喜びも苦しみもみんなで分かち合える,それが,京都芸大。音楽学部・大学院音楽研究科は,学生の演奏会出演の機会が非常に多いことが特徴です。市内各地で行われる大小さまざまな規模のコンサートは,ハイレベルで芸術的な作品から,小さいお子さまやご年配の方にも親しめる作品まで幅広い演目で開催されており,その完成度の高さには定評があります。企画の段階から広報まで,学生が参加するものも多く,演奏能力だけでなく,企画力やコミュニケーション能力を高める機会にもなっています。スゴイ!音楽学部の特徴音楽学部 専攻別構成図※( )内は募集人員作曲専攻指揮専攻ピアノ専攻(14)弦楽専攻(14)管・打楽専攻(16)声楽専攻(14)音楽学専攻(3)音楽学科(65)1〜4年次(合わせて4)音楽学部Faculty of Music特徴12

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る