京都市立芸術大学 大学案内2018
56/124

美術学部 美術科 日本画専攻54[大学院]美術研究科 修士課程54 版画版画の複数性と間接性による,表現の独自性と普遍性を研究し,制作を行います。各自の研究届を基に,担当教員と研究・制作計画を策定して進めます。合同合評会に出品する「作品ゼミ」と,文書講読を中心とした「研究ゼミ」を交互に受講します。基本4版種の工房別制作を土台に,版種横断的制作,写真,デジタル処理を含む複製メディアを活用した制作等,より高度な技法展開を見据えた,現代の版画表現を追求します。 構想設計現代社会の様々な回路を組み換えるための独自な視点と固有の活動領域の形成を目指します。学生が設定したテーマを基に,映像・インスタレーション・メディア・パフォーマンスなど専門的な「表現」と身体・環境・生命に関わる「知」を結びつける「技法」の可能性を探求します。制作演習に加え,個人指導と複数の学生からなるゼミナール形式で各自の問題意識を「共有」し,他者と意見を交換するプロセスを通じて,制作・研究に関する「強度」を育成してゆきます。社会に認知されえなかった様々な対象を共有可能な「コトバ」へと発展させ,新たな対話の現場を開いてゆくことに繋げます。 彫刻彫刻研究では,自由な発想と展開による制作研究を通して,独自の観点を探求することの重要性を理解し,自身の表現とアイデンティティの確立,社会における実践と検証を視野に入れた各自の表現活動を研究考察することを目標としています。特殊演習では,自己の研究領域を,幅広い視野のもとで明確にするために,各自の制作活動の内容にとらわれることなく,有益と思われるテーマを取り上げ,理論研究・演習を行います。 ビジュアル・デザイングラフィック・デザイン系,写真・映像情報設計系,テキスタイル・デザイン系の3系列のいずれかの専門分野を選択し,自己のテーマを設定して2年間の研究・制作計画を立て,実行します。日常的に教員と研究計画に基づくディスカッションを行い,思考の深化とコンセプトの確認を図りつつ,今日的要望に応えられるデザイナーとして,関連分野への多様な展開を目指します。 環境デザインより優れた地球環境,都市景観,ユニバーサルデザインの実現に向けた問題意識をもって,現状と理論の把握からデザインの実施に至るまでの包括的な研究を行います。人体から都市までの様々な形状,大きさ,動き,使用期間,またそれらの相互関係を理解した上で,持続的な人間社会の形成に貢献できるデザインの制作方法を学びます。 プロダクト・デザイン各自がテーマを見つけ,理論的かつ実践的に具体的デザイン提案のできる研究者を養成することを目標としています。1年次では今日の様々な社会問題と関わりのあるテーマ設定を行い,独自の視点で調査・分析し,論文または作品にまとめます。2年次には,1年次の研究をより発展させて修了研究・制作として完成させます。修士課程[大学院]美術研究科Graduate School of ArtMaster's course絵画専攻Department of Painting 日本画各自の設定したテーマで自由に日本画制作をし,見つめる・感じる・創る・伝えるということを考察します。特殊演習等により制作に関わり,研究すべき課題を設定し,広い視野で自己の表現を深めます。日本画制作を通して,美術や教育の分野でより専門的に活躍できる人材を育成します。 油画各自のテーマに沿った自主制作を中心とします。表現しようとしているテーマと技法を改めて見つめ直し,今後の制作の方向と可能性を探ります。社会全般との関わりを考え,作品における自己のテーマを確立します。特殊演習では,「描く」「つくる」という個人の表現手段から離れて,見学などの「見る」こと,ディスカッションを通じての「話す」こと,展示や発表などの「置く」ことなど,多角的な演習を通じて制作への意識を高めます。Department of SculptureDepartment of Design彫刻専攻デザイン専攻

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る