京都市立芸術大学 大学案内2018
55/124

53担当教員非常勤講師倉持充希/高井多佳子/人長果月/藤木晶子/藤田瑞穂/山下晃平美術学部 総合芸術学科 総合芸術学専攻芸術学研究室(総合芸術学科および芸術学専攻)の学生が中心となって企画・実施する展覧会「Colors of KCUA」を開催しています。本展覧会の目的は,京芸の制作内容や動向を幅広く伝えることにあり,展覧会タイトル「Colors of KCUA」の「Colors」は,多くの色彩という意味から,学生の無数の個性( 色) や多様なジャンルを表しており,「今の京都市立芸術大学に広がる多様な個性」を伝える展覧会としています。出品作家の選定にあたっては芸術学研究室学生が学内の学生の作品を調査し,更に2月の作品展での成果も踏まえつつ,芸術学研究室学生による独自の視点で選ぶことを大切にしながら,社会へ発信することを目的として企画・運営に取り組んでいます。Colors of KCUA 本学芸術学研究室学生による総合選抜展教授教授三木 博吉田雅子専門/教育人間学・教育思想1993年東北大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。東北大学教育学部助手を経て,2002年から本学教員。著書「ユング個性化思想の構造」(1995),共訳「ディルタイ全集第3巻 論理学・心理学集」(2003)。専門/染織工芸史2005年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。メトロポリタン美術館アジア芸術課,リサーチ・アシスタントを経て,2005年から本学教員。著書『海のシルクロードの染織史』(2017)他,大航海時代に展開された染織品の国際交流に関する論文多数。教授横田 学専門/美術教育兵庫教育大学大学院学校教育研究科博士課程修了。2002年から本学教員。主な研究テーマは「地域の文化芸術振興における芸術大学の役割」,「東アジアにおける伝統的な美術教育の方法に関する研究」。共著「必携! 相互理解を深めるコミュニケーション実践学」(ぎょうせい 2010)。教授准教授教授准教授准教授田島達也礪波恵昭畑中英二深谷訓子加須屋明子専門/日本美術史(近世絵画史)京都大学大学院文学研究科修士課程修了。北海道大学助教授,国文学研究資料館併任助教授を経て,2003年から本学教員。論文「御所伝来の障壁画と狩野派」,「近世京都の狩野派展」(京都文化博物館/2004)。専門/日本仏教彫刻史1993年京都大学大学院美術研究科博士後期課程中途退学。1993年奈良国立博物館学芸課研究員を経て,1999年から本学教員。日本の仏教彫刻史全般について様式史を中心に研究。「日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代造像銘記篇第4巻」(中央公論美術出版/2006)。専門/窯業史・考古学滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科(博士)。滋賀県教育委員会文化財保護技術者を経て2017年から本学教員。主にやきものを考古学の手法を用いて研究。主な論文に「考古学からみた和物茶陶の創出とその担い手」(『中近世陶磁器の考古学』第4巻,雄山閣/2016),主な著書に『岡本太郎,信楽へ』(サンライズ出版/2015),『続・信楽焼の考古学的研究』(サンライズ出版/2007)。専門/西洋美術史京都大学文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。尾道市立大学芸術文化学部准教授を経て2013年から本学教員。専門は16,17世紀のネーデルラント(オランダ)美術。著書『ローマの慈愛「キモンとペロー」の図像表現』(単著,2012),『カーレル・ファン・マンデル 北方画家列伝註解』(共著,2014)ほか。専門/美学・芸術学1991年京都大学大学院哲学研究科博士課程単位取得満期退学。国立国際美術館学芸課主任研究官を経て,2008年から本学教員。ポーランドを中心とした旧東欧地域の近現代美術の調査を続ける。龍野アートプロジェクト芸術監督(2011-2015)。主な著書に『ポーランドの前衛美術-生き延びるための「応用ファンタジー」』(創元社/2014)。准教授竹浪 遠専門/中国絵画史2011年東北大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。公益財団法人黒川古文化研究所研究員を経て,2015年から本学教員。著書『唐宋山水画研究』(中央公論美術出版/2015)「呂紀画風とその伝播―「四季花鳥図」(東京国立博物館)を中心に―」(『古文化研究』11号/2012)特任講師砂山太一専門/デザイン・現代美術・計算幾何学東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。Ecole Specialed’Architecture Paris修士課程修了。多摩美術大学彫刻学科卒業。パリにて建築設計事務所勤務,東京大学工学部非常勤講師を経て,2014年から本学教員。武蔵野美術大学建築学科非常勤講師(2015-)ほか。授業に関連した専攻での活動Colors of KCUA 2016《ニューバランスはあらわれた》

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る