京都工芸繊維大学 大学案内2020
41/64

大学院 工芸科学研究科都市史研究室岩本 馨 准教授研究室前近代から現代にかけての日本を題材として、社会関係と都市空間との連動を歴史的に分析しています。研究のアプローチ方法としては、くずし字を含む文書史料の読解や絵画史料の徹底的な読みこみ、聞き取りや現地調査などがあります。特に文書史料の読解については「くずし字ゼミ」を開催し、他研究室の学生も交えて読解を進めています。江戸時代の文書などは活字化が行われていないものも多数あり、そこに新たな発見が眠っている可能性があります。研究を進める中で、伝統のように見えるものが実は新しく、反対に何気ないものに非常に根深い伝統があると気づかされることも。その気づきが、正しく伝統を継承していくことに結びつきます。こうした都市空間の裏側が読めるようになる点が本研究の面白さであり、空間設計の「常識」を相対化して新たな構想の手がかりにつなげることが目標です。これら一連の研究を通して、時間軸を持った広い視野から都市を捉える力、様々な情報を整理して一つのストーリーに仕立て上げる編集能力を育んでいます。デザイン科学域 専攻紹介歴史的な視点で都市を見つめ、都市空間の未来を考える。デザイン学専攻では、新たな時代におけるデザインの役割・機能をソーシャルインタラクションデザインと定義し、モノの造形に留まらず、新たなサービスの創造と社会実装を行える人材の育成を目指しています。このソーシャルインタラクションデザインの能力を涵養するために、デザイン系、テクノロジー系、マネジメント系、キュレーション系といった4系列の専門教育科目と研究分野を構成し、それらを有機的に統合するPBL系実習・演習科目を、産業界、自治体、海外研究機関との連携によって設置しています。デザイン学専攻本学は、タイのチェンマイ大学と連携し、建築学、特に建築設計学と都市・建築再生学を中心とした分野において、共同で教育プログラムを構築し、修了時には共同で単一の学位を授与するジョイントディグリープログラムとして設置しました。京都工芸繊維大学・チェンマイ大学国際連携建築学専攻地球規模で考えながら、京都という場でしか掴み得ない能力を磨くこと。建築学専攻ではこれを〈KYOTOデザイン〉と銘打って教育、研究、実務を行い、地域と歴史に根ざすとともに国際的な競争力のある建築家、建築技術者、都市プランナー、修復建築家等の高度な都市・建築専門家を育成していきます。建築学専攻

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る