京都工芸繊維大学 大学案内2020
4/64

建築学とデザイン学を中心とする中核組織として京都工芸繊維大学が2014年に設立したKYOTO Design Labは、世界中から集まる一流の研究者らとともに、様々な専門性が交差する社会的課題の発見と解決のためのインキュベーターとして活動しています。スイス連邦工科大学チューリッヒ校[ETH Zürich]との共同研究では、京都の伝統的な庭園を対象に風景の3Dスキャンとサウンドレコーディングを実施。そのノウハウを学内に蓄積し、学生が本学の施設の3Dデータを作成するなど、今後も独自の展開を広げていきます。環境情報を3Dデータ化。新たな創造を展開。

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る