京都工芸繊維大学 大学案内2020
30/64

情報工学課程工芸科学部 設計工学域情報工学課程では、現代社会のあらゆる場面を支え、より豊かな高度情報化社会を実現するための情報、通信、ネットワーク、システム制御、機械学習などの最新技術を理論と実践の両面から修得していきます。そのために、情報とコンピュータを理論的・体系的に扱うコンピュータ科学(CS)とともに、応用的な分野を扱うコンピュータ工学(CE)もカバーした教育研究を行っています。コンピュータ技術を基本に、通信、ネットワークなどの最新技術を、理論と実践の両面から修得。情報を介した豊かな未来を切り開きます。製造・サービスなどの様々な産業の根幹を支えるICT分野でリーダーシップをとって活躍する人材、およびICTを活用したシステムの開発やサービスの創出・提供によって豊かな情報社会の構築に貢献する人材の育成を目指します。人材育成の目標数学、物理学や英語の基礎学力を重視し、論理的な思考力や表現力を持って意欲的に課題に取り組める人材を求めます。選抜の方針・ポリシー数学と物理学の高い基礎学力、論理的な思考力や表現力、好奇心、チャレンジ精神と行動力求める能力・適性求める人物像ドライビングシミュレータを使った研究の様子。VRゴーグルを使った研究の様子。自動で金魚にエサを与えるようプログラムされたロボット。生理指標計測装置を使った研究の様子。

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る