京都工芸繊維大学 大学案内2020
28/64

電子システム工学課程工芸科学部 設計工学域電子システム工学課程では、エレクトロニクス分野の多くの技術に支えられた現代社会をより良い方向へと発展させるために、高度な専門知識はもとより、広い視野と豊かな創造性を備えた人材の育成を目指しています。教育研究の範囲は電気・電子工学を中心に、デバイス、通信、システム、エネルギー、制御など、現代社会の基盤となる幅広い分野にわたっています。日本の基幹産業を支えるエレクトロニクス分野で、即戦力として活躍できる人材育成を目指します。求める人物像スマートフォンや生活家電など、日常生活にとって欠かせない存在となっている電子システムの基礎から応用までに関する教育と、最先端の研究を通じて、電子機器、自動車、ロボット、電力などの基幹産業でリーダーとなり活躍できる人材の育成を目指します。人材育成の目標自然現象に対する好奇心と洞察力を有し、数学、物理、英語などの基礎学力および論理的思考力に優れた人を求めます。選抜の方針・ポリシー論理的思考力、好奇心や数学・物理の基礎学力ならびに修学に必要な基礎知識求める能力・適性電気を地産地消しシェアする電力ルータを開発。カンチレバーバイオセンサチップへのマイクロプローブ接触。原因タンパク質の動的変化をカンチレバーバイオセンサで測定。LSIの長期信頼性測定用の回路基板。

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る