京都工芸繊維大学 大学案内2020
22/64

応用化学課程工芸科学部 物質・材料科学域本課程では、4つの専門のコース(高分子材料デザインコース、材料化学デザインコース、分子化学デザインコース、機能物質デザインコース)に分かれて、先端機能材料の構成要素となる物質・材料に関連する分野を幅広く対象にして、教育と研究を展開しています。4つのコースを縦糸にコース間に横糸を通すことで、化学にかかわる「総合力」を備えたグローバルに活躍できる人材の育成を行います。ようこそ「応用化学課程」へ。化学をツールに、物質・材料と対話してみませんか。新しい世界が拓けてきます。求める人物像物質・材料の成り立ちから応用までを俯瞰でき、基礎から応用までの幅広い知識(総合力)と高い専門性の素養を身につけた、次世代の物質や材料の開発と探求ができる人材を育成します。人材育成の目標化学、物理、数学、英語などの基礎学力とその応用・発展能力に加えて、実験科学に対する深い興味と人文科学、社会科学への幅広い関心を持ち、課題に向かって情熱的に取り組む意欲ある人材を求めます。 選抜の方針・ポリシー化学に対する旺盛な好奇心、それを基に物質や材料さらには生体関連物質に対する好奇心・学習意欲、創造的、論理的思考能力、柔軟で独創的な発想、チャレンジ精神と行動力、そして自然科学を学ぶための基礎学力求める能力・適性レーザー光を用いた反応のためのスポットの大きさと位置の調整。LED光源を用いた光合成微生物培養システム。日の入り後も実験を続ける学生たち。グローブボックス中で、酸素や水に不安定な薬品を量りとる学生。

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る