京都工芸繊維大学 大学案内2020
18/64

応用生物学域カリキュラム応用生物学課程現代生物学とその応用であるバイオテクノロジーに関する教育を行います。課程専門科目基礎教育科目4年間を通して「言語教育科目」および「人間教養科目」によって、幅広い教養と豊かな人間性、グローバル化時代に欠かせない語学力を身につけるとともに、「専門基礎科目」では、専門教育科目を学ぶための基礎となる自然科学の基礎知識を身につけます。また1年次よりフィールド系実習科目を履修し、生物や自然への探究心・観察力を養います。課程専門科目2・3年次に行われる課程専門科目は、細胞、生理、微生物、遺伝など主に生物の機能に関する講義と、生物化学、分子生物学、生物工学など主に生物の構成成分に関する講義が中心になります。また、専門実験と演習は2年次と3年次前期に集中的に行います。基礎研究・演習、卒業研究3年次後期には、各自の興味・資質に従って各研究室に配属され、少人数指導のもと、高度な最先端の研究の一端を基礎研究・演習、卒業研究として実践します。自然観察学生物生産学実習生物機能学・分子生物学実験Ⅰ細胞生物学微生物学生物化学Ⅰ・Ⅱ動物生理学遺伝学分子生物学生態分子化学生物機能学・分子生物実験Ⅱ基礎研究・演習植物生理学昆虫生理学細胞遺伝学昆虫工学脳の生理学細胞組織の機能構築モデル生物学放射線生物学細胞工学植物機能科学植物生理生態学卒業研究資源昆虫生産学実験実習昆虫機能開発学植物機能開発学微生物工学生物基礎英語演習運動機能学必修科目選択科目選択必修科目学年

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る