二松學舍大学 大学案内2017
65/84

特に地方からの学生のために、二松學舍大学では二松学舎サービス株式会社提携の不動産業者を紹介しています(学生マンション・学生会館・賃貸物件)。学生生活支援本学独自の奨学制度(参考:2015年度)奨学制度奨学制度対象年次対象年次給費・貸与額給費・貸与額採用人数選考選考備考備考その他の奨学金制度下宿・アパート紹介柏キャンパスにほど近い柏市内に、二松學舍大学学生専用マンション(委託)があります。快適な環境のもと、同じ二松學舍大学の学生が集まるため交流も生まれやすく、学生生活に早く溶け込めるメリットがあります。最寄のJR柏駅から九段キャンパスまでおよそ1時間です。二松學舍大学 学生専用マンション独立行政法人日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を行っている機関です。地方公共団体奨学金制度や民間育英団体の奨学制度があります。学生相談室では、学修面・生活面に関する様々な相談に応じています。学業、進路、学生生活、対人関係のこと等、自分ひとりで解決できない悩みにぶつかった時は気軽に相談室を訪ねてください。本学における教育環境の整備やキャンパス管理を行っている二松学舎サービス株式会社からの寄付により、勉学奨励・有為な人材育成を目的として設置された奨学金です。父母会(保護者会)により設立された奨学制度です。本学の同窓会組織である二松學舍松苓会が設置している奨学制度です。台湾出身の郭火盛氏のご遺族からの寄付により設立された奨学制度です。無利息卒業後4年間で返還2012年度から給付者数を増やしています。20名5名2名3名以内-各学年3名以内3名以内2~4年次生2~4年次生2~4年次生4年次生1~4年次生1~4年次生4年次生1~4年次生人物、学業成績等の総合評価が良好であり、学費の支弁が困難な学生に対し、選考により年度ごとに決定人物、学業成績が優秀で、家計の急変等により学費の支弁が困難な学生に対し、選考により年度ごとに決定台湾出身留学生および日本人学生で、経済的理由から学業の継続が困難な学生に対し、人物・学業および修学意欲等を総合的に選考し、年度ごとに決定家計の急変により、卒業困難な事態に至った学生に対し、選考により決定成績優秀な学生(原則としてGPAが各学科で最上位の学生)に対し、選考(面接)により年度ごとに決定公立学校教員採用試験合格者、公務員試験合格者および父母会が指定した資格取得者に対して、選考により年度ごとに決定二松学舎サービス株式会社奨学金【給付】二松學舍大学 父母会 成長支援型(資格・能力取得育英)奨学金【給付】二松學舍松苓会奨学金【貸与】郭火盛(かくかせい)奨学生【給付】二松學舍貸与奨学生【貸与】二松學舍奨学生【給付】第1種奨学金【貸与】1~4年次生1~4年次生月額54,000円(自宅通学者)月額64,000円(自宅外通学者)月額30,000円(※)経済的理由で学費の支弁が困難な学生に対し、人物・学業成績の総合評価により選考無利子※月額30,000円は自宅・自宅外に関わらず選択できます。有利子(年3%上限)経済的理由で学費の支弁が困難な学生に対し、人物・学業成績の総合評価により選考下記から任意選択(月額)30,000円/50,000円/80,000円/100,000円/120,000円第2種奨学金【貸与】当該年度授業料の半額相当額当該年度学納金(授業料及び施設費)の半額相当額当該年度の授業料相当額当該年度授業料相当額卒業予定者で、通算GPAの成績が最優秀な学生より決定当該年度の授業料相当額1年次は奨学生選抜付入試合格者より選抜し、2年次以降は毎年度、成績による審査により継続を決定入試奨学生【給付】30,000円~150,000円当該年度学納金(授業料および施設費)の半額相当額学生相談室(カウンセリング)二松學舍大学と学生の保護者との連絡を常に密にして、学生への教育指導の徹底と、本学に対する支援の充実と強化を図るため、1993(平成5)年4月に設置されました。地区別父母懇談会の開催、課外活動への支援、学生の福利厚生に関する支援等を行っています。父母会松苓会(1931〈昭和6〉年設立)は二松學舍専門学校・大学の卒業生、大学院の修了者等を正会員とした同窓会組織で、その会員数は約2万7,000人です。卒業生は松苓会の中心として相互の親睦や研究支援、教育研修等の活動を展開しています。各都道府県に支部を設け、後輩の指導、就職相談等地域に根ざした活動を展開しています。二松學舍 松苓会しょうれいかい【学生相談室開室時間】月~金曜(9:00~16:30)【場所】九段キャンパス1号館11階日本学生支援機構の奨学金(参考:2015年度)特待生【給付】当該年度学納金(授業料および施設費)相当額各学年文学部20名以内、国際政治経済学部10名以内当該学生には、大学より通知があります。最大4年間、資格を継続することができます。学生支援学生生活支援・奨学金63

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る