二松學舍大学 大学案内2017
63/84

文学研究科二松學舍大学大学院には、文学研究科と国際政治経済学研究科があり、学部との連携や東アジア研究の実績を活かした、より高度な学問研究を行っています。大学院大学院での学び国際政治経済学研究科国文学専攻上代から近現代の文学と国語力を軸としています。文学系は、さらに韻文と散文にそれぞれ細分化。学生の細かなニーズに応えられる体制を整備しています。「中国学講座」「日本漢学講座」「総合文化学講座」の3講座群(コース)を設置。日本漢学の研究を独立させ、中国学とともに徹底した研究・教育を行います。学部と連携した研究体制で、高度な知識を持った専門家を育成。文学研究科 博士課程(前期・後期)/国文学専攻・中国学専攻大学院 文学研究科長 江藤 茂博 教授中国学専攻国際政治経済学専攻国際政治専修国際政治経済学専攻国際経済専修国際社会における紛争や政治的動乱の本質を見抜き、先見性に富んだ選択が行える力を育成。理論と歴史を基礎として、世界の各地域の情勢を学ぶ科目展開です。変動するグローバル経済を生き抜く力を養うために、各専門分野の基礎をじっくりと学ぶとともに、世界経済の実態への理解を深めることを狙いとしています。文学研究科は、開設以来、研究者養成機関として多くの研究者や、専門性の高い中等学校教員を輩出してきました。国文学・中国学の専門領域のみならず、広く隣接領域に関する研究指導も受けられる研究環境を整えています。そうした環境のもとに、国内外で活動する研究者ばかりではなく、高度な専門知識を持った中・高等学校の教育者の育成や、出版・メディア業界で活躍する人材の育成にも力を入れています。また、生涯教育の場としても広く門戸を開放するとともに、国際化も推進しています。中国の浙江工商大学・大学院やハンガリーのエトヴェシュ・ロラーンド大学・大学院との交換留学制度等、国際学術交流の機会を提供しています。大学院教育としてのプログラム強化はもちろん、学部カリキュラムとの連動も、本研究科の特色です。高い専門性と幅広い学際領域の知力が一体となった研究体制により、様々なバックグラウンドを持った学生の研究意欲に応えることができるのです。人文学会をはじめとする研究・発表の場も数多く用意されていることも本研究科ならではの体制といえるでしょう。キャリアや年齢に関わらず、意欲にあふれる方の入学を歓迎します。発想力を磨き、視野を広げ、独創性豊かな人材に。国際政治経済学研究科 修士課程/国際政治経済学専攻大学院 国際政治経済学研究科長 中山 政義 教授本研究科は2001年に設置され、アジアを中心とした国際政治経済の諸相を経済・ビジネス・政治等の様々な観点から学際的に分析することを目的としています。「国際政治専修」「国際経済専修」を設け、基礎から応用までの体系的な理論と、実践的な知識を得るための講義を展開、グローバルな時代の要請に応える国際人の養成を目指しています。急激に変化する時代において社会の要望に的確に応えるには、新しい発想や多角的な視点が必要です。そのために本専攻では、いかなる専門分野に属しても、その枠だけにとらわれない「自由な発想力」を磨いてほしいと願っています。多種多様なビジネスシーンや国際社会の中に生じ得る課題でも、視野を広げ新たな観点からアプローチすることで、理想的な解決方法を見出すことが可能となるのです。体系的な理論と実践的な知識をバランスよく身につけることにより、時代の変化を鋭く読み取る対応力を養い、修了時には国際社会で広く活躍できる人材に成長することを目指します。大学院キャリア形成支援61

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る