二松學舍大学 大学案内2017
51/84

履修システム履修モデルケース3つの専門分野と語学を組み合わせて、ビジョンに合った履修計画が可能です。国際政治経済学部は、これからの国際社会で重要な位置を占める3つの分野からなっています。学生一人ひとりの興味・関心を重視し、「専門」という小さな枠ではなく、目標とする将来像に応じて独自の履修計画を立てられる柔軟性を持たせています。Model Case文学部科目から4%外国語4%国連スタッフ、貿易事務、外資系スタッフ、国際ボランティア、NGOスタッフ、青年海外協力隊員、ジャーナリスト、中学校教員(社会)、高等学校教員(公民)、研究者等国際政治を多角的に学びたい目指せる分野Model Case会社経営者、販売、銀行・証券・保険の企業営業、商社・小売、サービス、情報処理技術、中学校教員(社会)、高等学校教員(公民)、研究者等経済を中心に学びたい目指せる分野Model Case国家公務員、地方公務員、警察官、消防士、法務、事務、中学校教員(社会)、高等学校教員(公民)、研究者等法律を中心に学びたい目指せる分野Model Case外資系スタッフ、大使館スタッフ、貿易スタッフ、ホテルスタッフ、ツアーコンダクター、通訳ガイド等英語力に磨きをかけたい目指せる分野政治49%経済50%法律28%政治20%経済15%外国語12%法律その他10%8%英語特別プログラム国際政治専攻国際経済専攻法行政専攻法律44%経済20%政治20%その他8%外国語8%経済44%外国語30%その他8%法律8%政治10%国際政治経済学科国際経済専攻Bさんの場合国際社会について学修することで経済の仕組みや成り立ちや世の中の需要・供給を理解し、社会に対して多角的にアプローチします。国際政治経済学科国際政治専攻Aさんの場合ジャーナリストを目指す起業を目指す政治学の各分野の理論や実情、歴史等を学び、今日の複雑な国際関係と国際政治について体系的に分析・考察します。国際政治経済学科国際経済専攻Dさんの場合外国語と経済を重点的に学び、国際社会で活躍するために必要な語学力と教養を身につけます。国際政治経済学科法行政専攻Cさんの場合公務員を目指す海外で働くことを目指す法律・行政の分野を中心に、政治・経済の知識も修得します。マクロな視点から社会のルールを考える力を養います。49●卒業後の進路の詳細は、P60をご参照ください。国際政治経済学部

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る